まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 426
  • 昨日のアクセス数 35

ついてから

しおりをはさむ

2016/08/31 12:25:33

  • 54

もう1人では歩けない。
でも何も言ってくれない涼くん。

もうすぐだね!
お仕事お疲れ様。
ゆっくり休も。

鍵を開けた瞬間、

涼くんはトイレに駆け込んだ。

バケツ〜と叫ぶ涼くんにバケツを持って行った。

そこからはもう上からも下からも止まらない止まらない。

少し落ち着いてトイレから出ることが出来たので、涼くんの顔を拭いて飲み物を渡した。

その場に寝転ぶ涼くんの背中をさすり、そっと体温計を脇に入れた。

ピピッ。

慌てて体温計をとる涼くん。
体温計を見て隠す涼くん。

涼くん体温計かして?

ん?
熱ないよ?

あるでしょ?

37度だったよ?
ほら!
とろ〜んとした目でみつめる涼くん。

そんなわけは無い。

もう一度脇に挟みしっかり脇をおさえた。

ピピッ。
堪忍したのか私に体温計を渡す涼くん。
40.9度。

もー!!!
病院いこ。

はいっ。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 涼くんあっつ。熱高いじゃん!うん、でももう慣れちゃっ...

  2. 病院は混んでいる。休日なので小さい子も多い。椅子に座り...

  1. マリコさんに気を取られていて、涼くんをほっといてしまい、ちょ...

  2. めちゃ泣いてしまったから、目がヤバイ!!涼に氷持って来て...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/23 編集部Pick up!!

  1. 「彼女と結婚する」と告白した彼
  2. 内緒で500万円義姉に貸した結果
  3. 女性が望む「理想の結婚相手像」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3