アリスンさんのブログ

  • 記事数 21
  • 読者 1
  • 昨日のアクセス数 3

2016/08/29 19:13:10

  • 2
  • 0

現在のことです。

3週間ぶりに徹さんとデートしました。
9時半に待ち合わせて、本屋さんへ。
一旦離れて、それぞれの読みたい本を探索。
読みふけっていると、彼が迎えに来た。

「あっちで待ってるからゆっくりしておいで」

と優しく言ってくれるけど、本はいつでも読めるから。
本よりもあなたの隣にいたい。

本屋さんを出て、喫茶店で休憩。
たわいのない話をして、ひと息。

それからホテルへ向かった。

ひと部屋しか空いてなかった。
しかもVIPルーム(笑)
そこへ入ると、どこがVIPルームなのかよくわからなかったけど、場所はこだわらないので、まあいっか。

今日は時間があるからフリータイム。
5、6時間ホテルにいたかな。

彼は一服してからベッドに入り、まず私の服を丁寧に脱がせてくれる。
いつも1枚ずつ優しく脱がせて、服がしわにならないようにたたんでくれる(笑)そこにエロさはあまりないけど、もう全てお任せ。

お互い下着姿になって、恒例のぎゅ~タイム。
脚を絡ませて、全身ぴったりつけてきつく抱きしめ合う。
こすれる太もも、背中や腕を行き来する温かい手。
頭もたくさんなでてくれる。

「はあ~、気持ちいい。この時間が1番好き」

毎回言う彼のセリフ。
この言葉を聞くのも好き。

思う存分くっついて、温かさに酔いしれてると、いやらしい手つきに変わったことに気づく。

耳を指でなぞり、首筋にキス。
耳にキスしたり、首筋から胸元へ唇をそわせる。

腕を固定されてワキをぺろぺろされるのが、恥ずかしい。
汗かいてるのに。
処理したあとのジョリジョリ感があるのに(>_<)

恥ずかしくて嫌がっても
「いいの!」
と言って、執拗に舐める。
恥ずかしさから、気持ち良さに変わっていく。

「今日は焦らさないよ」

珍しいこと言うな?
と思ったら、突然乳首に吸い付いてきた。

「あっ...あん...んっ...」

突然の刺激に体の奥が反応する。

こんなに早く乳首を攻められたのは初めてかもしれない。
いつもかなり焦らされるから。

周りをなめてなめて、乳首にくると思ったら、乳首に触れずにカプリとかぶりついてみたり、横腹、おへそも舐めて、絶妙なソフトタッチで触れて、悶えて悶えてどうしようもなくなった頃、ペロッと乳首をひと舐め。

焦らされてからの乳首舐めは、体も跳ねるほどの快感。

「ああっ」
思わず大きな声が出る。

でも今日は焦らさずにペロリ。
それでも感じる。
左の乳首をかたくした舌で刺激し、右の乳首は指で優しくはじいたりつまんだり。
左右交互に何度も。

乳首を舐めながら、横腹のソフトタッチに悶える。

あまりの気持ち良さにボーッとしていると、今度は脚にキス。

ゆっくりパンツを脱がせて、両脚を大きく開かれる。

立ち膝で彼は、私のあそこを見つめる。
あそこに手が伸びるけど、すぐにそこには触れず、付け根あたりをマッサージしてる。
じーっと見ながら...
そんなに見ないでほしいのに...

少しまわりをほぐしてから、彼は、脚の間に潜り込んで舌を這わせる。

温かくて柔らかい舌が、下から上をゆっくりなぞる。
クリをかすめた瞬間

「ああっ...」

切ないほどの気持ち良さが体の芯を突き抜ける。

何度も、ゆっくり、上下する舌。
「いっぱい舐めてあげる。」

舌をぐっと押し込んだり、クリだけをベロンとしたり、舌先を尖らせてレロレロしたり。
もう何も考えられない。

たくさん舐めてもらって、指でもいじられて。

そろそろ挿れるかなって時に...
初めてのハプニングが起きました。

こんなこと本当に初めて(>_<)

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 震える息

    2013/08/18

    キスをしながらシャツをまくり上げブラを少し乱暴に押し上...

  2. Iくんの手が伸びてきて、服の上から私の胸を揉みました。...

  1. 「次はお前を気持ち良くさせてやるよ」私の顔をティッシュで...

  2. 密会③

    2014/11/27

    一輝さんの上になった私は一輝さんを見下ろしねっとりと...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 義弟を好きになってしまいそう
  2. 金ないアピールする友人に疲れた
  3. 「神レベル」な義母からの贈り物

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3