エロいことだけ語る

旧Blog:全て自己責任、の作者と同一人物。エロいことの独り言。

  • 記事数 658
  • 読者 342
  • 昨日のアクセス数 1064

ラブホテルの待合室

しおりをはさむ

2016/08/28 15:47:25

  • 29

ラブホテルの常連で、システムや部屋の設備を知り尽くしている。
先日は新宿の金曜日夜、っていうみんながざわつく、ヤりたい時間帯にさしかかっていたので、案の定19時過ぎには満室。

相手とは待合室で待ち合わせしようと思ったけど、初対面の大学生にラブホテルの待合室を指定するにはレベル高すぎだろうってんで、食事買い込みのコンビニにした。涼しいし。

待合室で私たちの前にいたのは、食べ物大量に買い込んだ40代後半の、メガネかけたもてない系メタボ。ひとり。
私が思うには、デリヘルを呼ぶんじゃねえかな、ひとりだし。あと、中学受験した顔つき、理系の男、っていう雰囲気を中年になっても醸し出してるから、もてない独身野郎。

次の私たちは、エロい外人体型の派手な女と、爽やか白Tシャツ大学生。はい、この組み合わせもヤバいです。

次は、かわいそうに折りたたみの椅子を急遽出して座っている、40.50代のおばさんと上司みたいな組み合わせ。

次は、座れないから帰って行った。

次は、中国人カップル。ポイントでもらえるブランドバックなどを見ていた。タバコ吸うからやだった。

はい、待ってる間出てきた男女、なんと親子のようなカップル。えーーーーーだよ。
おばあさんは、60.70代、男は大学生じゃないにしても、20.30代の普通な男。
おばあさんは、ガリガリチビで、肉感あふれる熟女でもなんでもない、おしゃれじゃないし。
目を見張ってしまったよ。

そんな感じで、19時過ぎにはホテル着ちゃうくらいなんで、飲みや食事で過ごしてくる一般的な男女とは雰囲気が違う様子があった。

この短い時間で各パターン見えたね。
もてない系メタボデリヘルの客1人
大学生と熟女
不倫中年上司部下
閉経老女とヘルパー的若者
中国人

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 友人に「妊活宣言」されて疑問
  2. 唇が紫になるまで叫び泣き心配
  3. 妊婦友人の「腹の出方」に驚いた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3