月と太陽

中学で出会った特別な「三人」で送った結婚生活、ワーママの奮闘!

  • 記事数 788
  • 読者 2063
  • 昨日のアクセス数 847

スローセックス

しおりをはさむ

2016/08/28 03:45:13

  • 270
  • 2

元々、スローセックスが好きだった私たち。


日本から出て、それが日増しにはっきりしていった。

理由は簡単。



時間があるから!



たとえば、ある日…


お風呂上がりに髪を乾かそうとしていたら、コイくんが

「乾かしてあげるよ♡」

と、丁寧なタオルドライから始めてくれた。


鏡の前だから、全部見える。

けれど、タオルで丁寧に髪に触れられていると気持ちよくて、ときどき自然と目がとじる。

「その、伏せ目、大好き♡」

と、鏡越しに私の顔を見ていることに気がつく。


褒められて、思わず上気してしまう。


軽く手櫛を入れて抜け毛をまとめて捨てるのは、私の癖だけど、彼がそれを真似ると、そんなものさえも愛しく扱ってくれているのが、はっきり分かる。

「綺麗な髪だね…」

と、ときどき髪に頬ずりしながら、ドライヤーをかけてくれる。

ほとんど乾いたかな、というところで、彼のドライトリートメント剤をつけてくれる。

遠くでムスクの香りがたって、彼の匂いに包まれる。


「さ、出来上がり♡」

と言いながら、バスローブのリボンをほどいて、合わせ鏡をして美容院のように仕上がりを見せてくれる。

半裸で髪を整えられていると、いつもより自分が綺麗になれた気がするから、不思議。

立ち上がって、

「ありがとう♡」

と抱きついたら、そのまま抱き上げられて、ベッドへ。

そして、全身にボディミルクを塗ってくれる。

塗りながら、足指や体側をくすぐられて、思わず笑い転げると、

「くすぐったいところは、感じるところなんだよ♡」

と執拗に触られ、確かに感じてしまう。


塗られながら、コイくんの服を脱がせ、私もボディミルクを塗ってあげる。


そんな風に触れ合っていたら…

もう、こうして相手の身体をケアしたり、気持ちいいところを探して触れるのが、当たり前で、楽しみになっていく。

こうしていると、「前戯」なんて言葉さえ、馬鹿馬鹿しく思えてくる。

もちろん、インサートもアリだけど、一瞬イクのを重ねるよりも、もっとたくさん感じ合い続ける…という感じで。

ましてや、射精するかどうかは、オマケみたいになっていったし、だからこそ、一晩に何度も射精が訪れることも、全然ないこともあった。

でもそれは、身体を重ねる終了の合図なんかじゃなかった。

いつの間にか、裸のまま寝てしまうこともあったし、お互いに着せてあげることもあった。


この自由さ、ベッドルームに鍵をかけられるから、というのと、子どもが大きくなってきて、一晩ぐっすり寝ているってことも、大きいとは思うけど。


毎晩抱き合うようになって、体調がよくなっていったのは、気のせいだろうか…?

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. メイさん(44歳)ID:5067799・09/05

    なにかありましたか?

    更新楽しみにしています!

  2. ルナさん(99歳)ID:4980924・08/28

    777 おめでとぉございます!
    更新 楽しみにしてます♪

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 産んでから「子供嫌い」と気付く
  2. 「理想の男性は父」彼をつい比較
  3. 彼「ダメンズ」にしてしまう女性

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3