まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 436
  • 昨日のアクセス数 14

それから

しおりをはさむ

2016/08/27 17:06:36

  • 63

マリコさんは帰ろうとして聞かない。

マリコさん、うちにいてください。
せめて、史生さん帰ってくるまでいてください。
倒れちゃいますよ!

サキちゃん、ありがとう。
でもこれ以上迷惑はかけられないから。
と言って、マリコさんは帰って行った。

涼くんにラインをしてマリコさんが帰ったことを伝えた。

涼はその後うちに来た。

恋愛の話にはならずだったが、タイミングを探してるようだった。

しばらくして涼くんは帰って行った。

状況読めずにしばらく日にちだけが過ぎていった。

マリコさんの検診の日。

もともと細いマリコさん。
お腹も少し出てきていて、さらにやせていた。

マリコさん、大丈夫ですか?
体調どうですか?

あの日からずっとゼリー飲料で過ごしている。
と言っていた。

採血をして具合が悪くなったマリコさん。
ベットで横になり私が帰る時にマリコさんと一緒に帰った。

マリコさん、心配で1人で帰らせることはできません。
史生さん帰ってくるまでうちにいてください。
赤ちゃん守れるのはマリコさんだけです!

マリコさんはうなずき、一緒にマンションに向かった。

吐いてしまうが何かを口にしていたい。
口にする→吐くの繰り返し。

電車を降りてからはフラフラで歩けない。
ゆっくりゆっくり歩いてエントランスの扉を開けた。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 夫の前妻が友人とママ友だった
  2. 同窓会は「品評会」のイメージ
  3. 義弟の彼女に呼び捨てされて苛々

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3