• 記事数 243
  • 読者 130
  • 昨日のアクセス数 171

2度目の‥⑦

しおりをはさむ

2016/08/27 02:57:33

  • 3

思わずわたしは彼の手を止めてしまった

ん?なんで、どうかした?

彼が聞く

ん、やっぱり恥ずかしいから


恥ずかしがってたらダメだよ

もうこんなに濡れてるのに


既にわたしは十分すぎるほど濡れていた


今日はわたしのもっとエロな部分を見てみたいと

そう言えば、さっきのランチの時も
わたしは草食系だって言ったら

見た目がこんなにエロいのにありえない
なら、引き出してみたいと言っていたっけ


でもこれはやっぱり恥ずかしい

止めたけど彼は許してくれず、またされてしまった


本当は手でされる方がわたしは好きだけど‥


それでも気持ちよさにわたしは声をが出てしまう

かすかに鳴き声のようになっていた

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 彼とわたしはキスを続けた。途中彼がわたしの頬を、そ...

  2. 彼ももう限界なのか、このまま中でいきたいな ...

  1. 飴と鞭

    2016/07/04

    「支配してください」ひとたびそれを口にした途端世界が...

  2. わたしに覆いかぶさり快楽を求めガンガン突いてくる彼。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/23 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 誤爆LINEした彼を信用できない
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3