• 記事数 243
  • 読者 128
  • 昨日のアクセス数 205

2度目の‥⑦

しおりをはさむ

2016/08/27 02:57:33

  • 3

思わずわたしは彼の手を止めてしまった

ん?なんで、どうかした?

彼が聞く

ん、やっぱり恥ずかしいから


恥ずかしがってたらダメだよ

もうこんなに濡れてるのに


既にわたしは十分すぎるほど濡れていた


今日はわたしのもっとエロな部分を見てみたいと

そう言えば、さっきのランチの時も
わたしは草食系だって言ったら

見た目がこんなにエロいのにありえない
なら、引き出してみたいと言っていたっけ


でもこれはやっぱり恥ずかしい

止めたけど彼は許してくれず、またされてしまった


本当は手でされる方がわたしは好きだけど‥


それでも気持ちよさにわたしは声をが出てしまう

かすかに鳴き声のようになっていた

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 気付いたらわたしは彼が突き上げてくるリズムに合わせ、自ら腰を...

  2. Hotelについたソファに座っていると、後ろから...

  1. 彼はわたしの敏感で、とっても恥ずかしいところに顔を埋めた...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/19 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3