• 記事数 243
  • 読者 130
  • 昨日のアクセス数 159

2度目の‥⑦

しおりをはさむ

2016/08/27 02:57:33

  • 3

思わずわたしは彼の手を止めてしまった

ん?なんで、どうかした?

彼が聞く

ん、やっぱり恥ずかしいから


恥ずかしがってたらダメだよ

もうこんなに濡れてるのに


既にわたしは十分すぎるほど濡れていた


今日はわたしのもっとエロな部分を見てみたいと

そう言えば、さっきのランチの時も
わたしは草食系だって言ったら

見た目がこんなにエロいのにありえない
なら、引き出してみたいと言っていたっけ


でもこれはやっぱり恥ずかしい

止めたけど彼は許してくれず、またされてしまった


本当は手でされる方がわたしは好きだけど‥


それでも気持ちよさにわたしは声をが出てしまう

かすかに鳴き声のようになっていた

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「ローラはおれよりも悪い子だ」彼はわたしの脚をぐいっと...

  2. 彼はわたしの敏感で、とっても恥ずかしいところに顔を埋めた...

  1. わたしが絶頂に達しそうになったところで彼は突然動きを止めた。...

  2. 彼とわたしはキスを続けた。途中彼がわたしの頬を、そ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/25 編集部Pick up!!

  1. 「恋の下僕度」わかる心理テスト
  2. 高校へ進学した息子のお弁当事情
  3. 夫を亡くし5年 義実家帰省が苦痛

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3