まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 418
  • 昨日のアクセス数 11

2016/08/26 22:51:11

  • 59

史生さんは車で迎えに来てくれてマリコさんと三人で史生さんのご実家に向かった。
立派な門構え。

着くまでに何度も吐いてしまっていたのと、立派な門構えにマリコさんの顔色はさらに悪くなった。

そのまま、史生さんとマリコさんは中に。
私はカフェに向かった。


1時間ほどしてマリコさんから電話がかかってきた。

マリコさんのご実家の事は気にしていないが、順番が逆になったことにお父様がご立腹な様子…さらにはマリコさんのご実家に挨拶に行く前に史生さんのご実家に挨拶に来たしと、、、

史生さんは時間をかけて話をすると言ってくれたみたい。

史生さんはこの後3週間の海外出張が控えているのでマリコさんをうちに泊めてくれないか?とお願いされた。

オーケーしたものの、良く考えたら私と涼くん付き合ってないんだよね?
史生さんなんか勘違いしてるな!

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 出会い系で知り合った年下の彼に私の方からプロポーズした...

  2. 手配していただいたタクシーの運転手は偶然日本人だった。...

  1. 申年とっくに明けてるだろ、まだ挨拶もしてへんのか、ボケとんか...

  2. 毎年、夫の実家から年末になるとお年玉が送られて来る。た...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/21 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3