まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 436
  • 昨日のアクセス数 56

涼くん現る。

しおりをはさむ

2016/08/26 22:23:31

  • 58

腹減ったわー。

ネェちゃん具合悪いならサキのおかゆならたべれるんじゃね?

サキ、おかゆつくってよ。

うーん良いけど、マリコさんおかゆ食べれますか?
うん、少しなら食べれるかも。
でも気持ち悪くなっちゃったらごめんなさい。
と謝るマリコさん。

顔はげっそりしていた。

そして、涼くんに話をすると言いだした。

私が席を外そうとするとサキちゃんにも聞いて欲しいと言われ、私も座った。

マリコさんの彼は大手企業のエリート街道を進んでいる。
ご両親はお父様が校長先生でお母様は幼稚園の先生。
現在お母様はアフタースクールを運営してるらしい。

お腹に赤ちゃんがいると思う事。

彼はまだ赤ちゃんの事もマリコさんと涼くんの家庭の事情も知らない事。

来週彼が出張から戻ったら全てを話し、受け入れてもらえなければ考えると。

とにかく、マリコさんの妊娠を確定させないと。

私は重い口を開いた。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/5 編集部Pick up!!

  1. 交際7年 結婚したいと思っていた
  2. 幼稚園の争奪戦に出遅れてしまう
  3. 義母からのLINEが気持ち悪い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3