まさかの恋愛。

  • 記事数 125
  • 読者 418
  • 昨日のアクセス数 22

マリコさん

しおりをはさむ

2016/08/26 21:47:16

  • 61

マリコさんにうちにきてもらう事にして、その間涼くんには部屋の片づけをしてもらう事にした。

ソファの背もたれをゆるくして、クッションを渡した。

マリコさん、少し休みますか?
と言って、レモン水を差し出した。

何も言わないでも大丈夫です。
涼くんには私からうまく話すので、マリコさんのタイミングで涼くんに伝えてください。

マリコさんは涙を浮かべてコクリと頷いた。

そうそう、私と涼くんはただの隣人です。
偶然に同じでした!
と1人で話していると、マリコさんが口を開いた。

サキちゃんのことは涼から聞いてます。
涼が高熱出したときに隣の家の人に看病してもらって、おかゆが凄く美味しかったって。
その時はありがとう。

涼は今まで人に甘えたり優しくしてもらうことがなく育ってきてるから、サキちゃんにどんな態度取るか不安だけど仲良くしてやってね!!!

もちろんです!
何だか嬉しくなった。

そしてマリコさんの話は続いた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 2016/09/14

    翌日も吐き続けて熱の下がらない涼くんを心配してマリコさんがき...

  2. それから

    2016/08/29

    吐くマリコさんの背中をさすり落ち着くのを待った。涙を流し...

  1. 2016/09/01

    涼くん。ゆっくり休んでね。今日の事は一度わすれる。涼く...

  2. ハルタは他のバレーの選手と一緒に車座になって話をしていて、...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/27 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3