• 記事数 243
  • 読者 130
  • 昨日のアクセス数 87

2016/08/26 20:13:55

  • 2

彼と2度目のデートをした

あの日からずっとずっと、また二人きりで会いたいと願っていたこと

誘われてからこの日まで、実現しなかったらという不安と、デートができることへの嬉しさが、行ったり来たりした


半日だけのデート

わざわざ遠いところまで迎えに出てきてくれて、わたしの最寄の駅まで送ってくれた


別れてからわたしは何回か後ろを振り返ってみた


彼は車からわたしを見てくれていた


それが物凄く嬉しかった


だって、愛のない体だけの関係だから

別れた後は直ぐに行ってしまうと思っていたから


見ててくれてた


気にしてくれてたんだって勝手に私が思っただけかもしれないけど、それで十分


わたしはバイバイと手を振った

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. まわり道

    2013/08/04

    あやは複雑そうな顔をした。あや「うーん…それって,...

  2. 仕方ないとはいえ、わたしはマネージャーが憎かった。...

  1. 今回は一度だけだったそこ、少し不安終わった後、ずっ...

  2. 地獄

    01/22

    仲間さんが言う金曜日スポーツ行ったと本人が言ってたよ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/22 編集部Pick up!!

  1. 誤爆LINEした彼を信用できない
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3