平凡でありがちな日々。(仮)

  • 記事数 110
  • 読者 7
  • 昨日のアクセス数 15

2016/08/26 00:42:29

  • 2
  • 0

*85





ファックスは、年末に転勤が終わってこっちに帰れるようになった事と、新しい部屋の間取り図と住所だった。

てかさ。

いきなりファックスってさ。

しかも、事後報告的な?

なんか、頭にきたし、悲しくなった。

そのままにしておこうかとも思ったけど、あたしの荷物もあるし、電話した。

タァー「もしもし?」

叶「ねぇ。なんで、わざわざ実家の近くの部屋なの?ってか、事後報告なの?まずは、転勤が終わったっていう連絡くれても良くない?」

タァー「とりあえず、そっち戻れる事になったから、不動産屋に部屋探して貰った。」

叶「そこには、1人で住むんでしょ?だったら、間取り図あたしには関係ないよね?」

タァー「…………………………。」

チッ。

だんまりかよ!怒

いつも都合悪くなると何にも言わない。

だいたい、まだ色々怒ってるし、ほったからしにされてるし、謝って貰ってもないし、今後ちゃんとしてくれるつもりなのかもわからない。

それを勝手に3LDKの部屋の間取り図だけ、ファックスされて、説明もない。

不器用な性格だからで、済ませたくない。

このまま、時間たって怒りも治まっただろうから?みたいななし崩し的なまんま、また夫婦生活をやり直せない。

なんで、いつもいつもコッチから歩み寄らないと、ちゃんと言葉で安心させてくれようとしないんだろう。

いっつも、いっつもだ。

今回の事に関してはちゃんと安心させる言葉を言って欲しい。

大嫌い!別れる!って、言っても、まだ好きなんだもん。

惚れた弱みとは言え、ちゃんと反省して、これから家族を顧みて3人でやっていけるように家族の事を考えるって、言ってもらいたい。

それに、あたし今こっちにいるんだよ?部屋探して欲しいって、言われれば、ちゃんと不動産屋に行って、実際の部屋見て決めて来れるよ?なんで、そう言ってくれないの?

意地を張らずに、そう訴えた。

タァーからの返事は、そのまま、3人でやっていきたいから、部屋を見てきて下さい。だった。

言わされてる感半端ない。

(−_−;)

でも、こっちが望んだところで、これがタァーの精一杯なんだろう。

折れた。

次の日から、早速不動産屋に行き、何軒か見て回った。

部屋も決まり、引越しの日も決まった。

タァーは、あたしの車で帰って来た。

そこからは、臨月の大きなお腹でひたすら引越し作業。

予定日まで後1週間。

予定日前日まで、実家から毎日通って来て、掃除や買い出しをした。

部屋も片付いた。

タァーの両親も来ると言うから、来客用の布団も干して、部屋の片隅に積んでおいた。

これで、お義父さん達がいつ来ても大丈夫になったから、明日を予定日に控えて1日は実家で、ゆっくりした。

でも、タァーには連絡しなかった。

こっちから、いきなり連絡しないで行かなくてもなんの連絡もない。

昨日まで、毎日行っていたのにいきなり行かなくなったら、生まれるんじゃないか?とか、思わないのかな?

ちょっとした事でも、タァーの気持ちを確かめてしまう。

まぁ、初産だし予定日より遅れるんだろうけどね。

なんか、悲して寂しかった。

明日は予定日。

いつ産まれてくるのかな?

夜、寝る前にトイレによると出血していた。

ん?

一応、生理用ナプキンをあてて布団に入った。

布団から、さえさんにメール。

叶[なんか、ちょっと出血して、生理痛みたいな感じでお腹痛くなってきたよ。]

さえさん[それ、おしるしと陣痛じゃないの?間隔どのくらいか時間計っておいた方がいいよ。]

叶[わかったー。]

叶[なんか、15分置きに痛いんだけど。汗]

さえさん[おばちゃん起こしな!それ、陣痛だよ!生まれるよ!病院行く前にお風呂入ってから行った方がいいよ。]

叶[わかったー。産まれたら連絡するー。]

陣痛というより、生理痛のちょっと痛いくらいだから、まだまだだろう。

陣痛はかなり我慢できないくらい痛いらしいからまだだろうと余裕こいて、しばらくゴロゴロ。

とりあえず、お母さんには、言っといた方がいいかなと、話しに行った。

叶「お母さん?陣痛始まったっぽい。でも、まだそんなに痛くないから、病院は早いと思う。とりあえず、寝る。お母さんも寝ててー。我慢できなくなったらまた起こしに来る。報告までー。」

朝方、段々痛みが強くなってきて、目が醒める。

でもまだ我慢できないほどでもない。

7時過ぎたので、リビングに移動した。

テレビを見ながら、陣痛の間隔をみる。

リビングには、お父さんとお母さんがもう起きていた。

お母さん「まだ、大丈夫なの?」

叶「うん。まだ、そこまで痛くはない。病院行ったり来たりするのやだから、まだ行かない。」

お母さん「病院には一応連絡しておいた方がいいんじゃない?」

叶「わかった。」

病院に電話して、陣痛が始まった事、陣痛の間隔を説明した。

15分間隔だったら、そろそろ来た方がいいんじゃないかと言われた。

陣痛そこまで痛くないのにいいのかな?

陣痛の合間に用意していると、少しずつ痛みが強くなってきた。

陣痛中には、歩けない位の痛みになってきたから、合間に車に移動。

お母さんの運転で病院へ向かった。

結構痛くなってきた。

(+д+;

病院に着くも腰が痛くて歩けない。

陣痛の合間になんとか病院の中に移動。

陣痛室じゃなくて、すぐに分娩台に通された。

腰に火を当てられているような痛み。

腰が痛い。

痛みで呼吸がしずらい。

酸素マスクをつけられて、しばらくすると、お母さんが連絡したらしく、タァーがきた。

叶「何しに来た!帰れ!」

タァー オロオロ

叶「こっちから連絡しなきゃ、あんたからは連絡なんかくれないくせに!怒」

こんな感じで、分娩台の上でもイライラ。

タァー オロオロ

助産婦さん「ほら、ご主人!腰、さすってあげなさいよ!オロオロしてたって、仕方ないでしょ!今、頑張ってるのは、奥さんと赤ちゃん!」

叶「触んな!怒」

分娩台に乗って4時間。

まだ、いきんじゃダメって助産婦さん。

うー。早く出したい。

このいきめないのが辛い。

助産婦さん「そろそろ、頭見えてきたよ。もう、いきんでいいよ!ひぃひぃふーのふーでいきんで。ハイ、ひぃひぃふー。」

3回目位でやっと出てきた。

ハァー。サッパリ、気持ち良い位にスルンと、生まれてきた。笑

赤ちゃんは、産湯に浸かったり処理されて、後産が出た後、先生が縫って、しばらくしたら移動しましょうって、しばらく分娩台で待機。

夕方、無事女の子を出産した。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 出産のことを記録しとこー!臨月に入り、安静生活もめでたく...

  2. 遂に迎えた臨月、赤ちゃんも順調で、予定日1週間前の休日に...

  1. いよいよ、出産本番が近づいてきました。里帰り出産予定の私...

  2. 産まれました。今日の朝(笑)スピード出産です。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. 夫の年収を少なく感じてしまう妻
  2. 親の葬式で泣いたら「恥さらし」
  3. 新婚なのに「老夫婦みたい」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3