恋の分岐点/Our Paths Never Diverge

いくつもの分岐点を経て辿り着く結婚までのストーリー《完》/ 夫婦になった2人のその後

  • 記事数 1288
  • 読者 3646
  • 昨日のアクセス数 1074

二人乗り

しおりをはさむ

2016/08/25 17:28:27

  • 442

「バイクの後ろにカリンちゃん乗せたって言ったら怒る?」

ケイスケの束縛男っぷりが露わになったところで、ハルトくんが聞いた。

再び眉間にシワを寄せるケイスケ。

「乗せたの?」

低い声でそう言って、ハルトくんを睨んだ。

でも、ハルトくんは、ケイスケに睨まれるのも慣れっこ。

「ね?コンビニまで歩いて行って正解だったでしょ?」

笑顔で私にそう言った。

私がバイクに乗ったことがないと知り、気が変わったのは、ケイスケのこの反応が予測できたかららしい。

ただ、ハルトくんも、ケイスケがなぜ私を乗せなかったかは理解できず。

「後ろからぎゅっとされるの好きそうなのに何で?」

ケイスケをからかうようにそう聞いた。

それに…

「二人乗りはしない主義」

私にはそう言いながら、ハルトくんを乗せたことはあるらしい。

「高校時代、遅刻しそうになってバイクで送ってもらったこともあったよね」

そう言っていた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「何でハルトくんは良くて、私はダメなの⁈」私が不満をぶつ...

  2. その日の夜、ケイスケの帰りを待ちながら、お母さんとテレビを見...

  1. 後何回

    2016/12/19

    ノブオ君にぴったりくっついて赤信号で止まる度にギュッとし...

  2. Kちゃん…折角、通勤用にバイク用意出来て、初日は乗ってったっ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/22 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3