恋の分岐点/Our Paths Never Diverge

いくつもの分岐点を経て辿り着く結婚までのストーリー《完》/ 夫婦になった2人のその後

  • 記事数 1287
  • 読者 3533
  • 昨日のアクセス数 1056

二人乗り

しおりをはさむ

2016/08/25 17:28:27

  • 443

「バイクの後ろにカリンちゃん乗せたって言ったら怒る?」

ケイスケの束縛男っぷりが露わになったところで、ハルトくんが聞いた。

再び眉間にシワを寄せるケイスケ。

「乗せたの?」

低い声でそう言って、ハルトくんを睨んだ。

でも、ハルトくんは、ケイスケに睨まれるのも慣れっこ。

「ね?コンビニまで歩いて行って正解だったでしょ?」

笑顔で私にそう言った。

私がバイクに乗ったことがないと知り、気が変わったのは、ケイスケのこの反応が予測できたかららしい。

ただ、ハルトくんも、ケイスケがなぜ私を乗せなかったかは理解できず。

「後ろからぎゅっとされるの好きそうなのに何で?」

ケイスケをからかうようにそう聞いた。

それに…

「二人乗りはしない主義」

私にはそう言いながら、ハルトくんを乗せたことはあるらしい。

「高校時代、遅刻しそうになってバイクで送ってもらったこともあったよね」

そう言っていた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 「何でハルトくんは良くて、私はダメなの⁈」私が不満をぶつ...

  2. その日の夜、ケイスケの帰りを待ちながら、お母さんとテレビを見...

  1. 翌朝、私が朝ごはんの片付けをしているとき。ケイスケがリビ...

  2. その後は、マキの結婚式の相談なんかをしながら2時間くらい歩い...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/22 編集部Pick up!!

  1. 不倫相手と関係切れていなかった
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3