バカだったなぁ…

昔の事を書いてみます

  • 記事数 225
  • 読者 276
  • 昨日のアクセス数 1452

掲示板・14

しおりをはさむ

2016/08/31 05:59:18

  • 22
  • 0

行為が終わって
まさやはベッドの上に転がり
腕を伸ばしてそこにくるよう促す。



まさやの側にいって寝転ぶと、

まさや「ねぇ、彼氏いるの?」

と聞かれた。




「いないよ…いたらこんな事してないよ」

まさや「そりゃそーだ!じゃあ俺と付き合おうよ」



しん君が頭によぎる。



未練があるわけではないが、
悲しかったなぁ…



「いや…彼氏なんて、いらないし…」

まさや「えーーせっかくいい出会いだと思ったんだけどなー」



まさや、しつこく食いさがる。
てか援助交際のどこがいい出会いなんだ?



その場から離れたくなって、

「そろそろ帰る」

と言って立ち上がり、服を着る。



まさや「じゃあまた会ってくれる?」

「お金、くれるなら」

まさや「次は安くしてよ」

「五万」

まさや「えーまじ?…わかった、また会ってね」



そんな会話をして、ホテルを後にした。



その後、まさやから何回か着信があったが
電話には出なかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 車の中では、まさやの仕事の事とか住んでる所、とにかく色々...

  2. 終了

    11/20

    「じゃあ、どうしたいの?」「なに?」「だから…裏切ら...

  1. ゴムを付け終えたまさやは再び私の中に入ってくる。で...

  2. 結論

    10/09

    結局、私たちはマトモには眠れず朝を迎えた。まさやは「いっ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/19 編集部Pick up!!

  1. 彼から元カノの話を聞いて滅入る
  2. 婚約中の彼にすぐ浮気を疑われる
  3. 専業主婦を「無職」と呼ぶ友人

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3