ブログランキング24

恋の分岐点/Our Paths Never Diverge

いくつもの分岐点を経て辿り着く結婚までのストーリー《完》/ 夫婦になった2人のその後

  • 記事数 1262
  • 読者 3451
  • 昨日のアクセス数 17476

お母さんの悪戯(3)

しおりをはさむ

2016/08/24 03:11:58

  • 386

「帰ったらカリンがいないからビックリした」

「今どこ?」

「何時ごろ帰ってくる?」

「帰りどうするの?」

「もう遅いし危ないから、場所言ってくれればタクシーででも迎えに行くよ?」

慌てて着替えて出かけたのもあり、持って行くのを忘れてしまったスマホには、ケイスケから数分ごとに何通もメッセージが届いていた。

でも、なぜか一番気になっているはずなのに、「誰と一緒にいるの?」とは来ていなかった。

「何で聞かなかったの?」

私に聞かれ、ケイスケは苦笑い。

「今度、先輩に会うことがあれば謝らなきゃかな」

そう言っていた。

高校の先輩か後輩で、私好みの見た目ってことで、勝手に決め付けたと。

しかも…

「あのドラマの長男、元カノとヒロイン両方に優しくしちゃうとことか、あの口調とか先輩とイメージ重なるじゃん!」

そんなことまで言っていた。

どうやら、私とお母さんの会話を聞いて以来、密かに気にしていたらしい。

タクヤにしたら、本当いい迷惑。

ただ、何だかんだ言いながら、タクヤのことを信用しているケイスケ。

浮気を疑っていたわけではなく、今度行く友達の結婚式にタクヤも呼ばれていて、一緒に余興か何かをすることになり、その相談でもしているのではと、想像していたそうだ。

でも、お母さんとハルトくんはその言葉を信じず。

「その割に、余裕なさそうに見えたけど」

「一緒だったのが俺って分かるなり超ホッとした顔したくせに」

などと、ケイスケに言っていた。

ちなみに、タクヤと友達の結婚式で会うというのは、ケイスケの妄想。

実際はそんな予定なんてない。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 色々言いながらも、マキとシンジ先輩の結婚はすごく嬉しかった。...

  2. それから、マキの話はもう少し時間を遡った。大学3年の春、...

  1. 玄関で、タクヤなんて、まだ靴も履いたまま、私たちは、何度もキ...

  2. 遂に、ケイスケとの最後のデートが終わる。私の家の前に車が...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

3/1 編集部Pick up!!

  1. 子の成長の遅さを指摘された
  2. 投稿した愚痴が本人にバレた
  3. 膝の上に子を座らせ自動車を運転

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3