泣かないで

産後のえっち* 恋愛~結婚~セックスレス~出産・産後の現在(時々まじめ)

  • 記事数 397
  • 読者 1533
  • 昨日のアクセス数 242

溢れるセックス

しおりをはさむ

2016/08/22 15:53:32

  • 71
  • 2

※えっち編、閲覧注意!

 苦手な方は、スルー願います。








バスルームに着くと、

カズユキさんは、私を降ろして、

体操選手みたいな筋肉質ですべすべの肌に

流れる汗をタオルで拭った。



私は、早くして欲しくて、

バスタブに手を付くと

カズユキさんにおしりを向けた。



「あんまり大きい声出しちゃダメだよ?」



カズユキさんは、そう言うと、

大きいままのモノを押しつけて、

あそこをグッと押し広げ、入って来た。



立バックの状態で、

カズユキさんのモノが中を圧迫してくると

すぐに熱い快感の波が押し寄せて

私は、腰を振り自ら求めた。



「ああっ、ああっ、気持ちいいの」



入っただけでも、イキそうになる私。


カズユキさんは、クリをさすりながら、

ゆっくり突きあげて聞いた。


「勢いよく、抜いていい?」




「だ…だめぇ」



潮吹きしちゃう…

そう思って答えた。



カズユキさんは、

突然激しく突き続けて、

私がイク瞬間に

一気にあそこから、硬いモノを抜いた。




「ひあっ!だめぇ…あああッ」



バッシャァーッ!

潮吹きと言うか、滝。



「すごっ」



カズユキさんもびっくり!

自分でも一瞬、何が起きた!?って感じ。

まさか抜くと思ってなくて、

私が気を抜いてたせいか、すごい量。


驚くのもつかの間。

カズユキさんは、休みなく私の中に

硬くて大きなモノを挿してきた。



「いやぁ…出ちゃう」



グルッとかき回しながら、

また、勢いよく抜かれて潮吹きした。



バシャー!



イキまくりで、脚がガクガクしてるのに

何度も潮吹きさせられた。



「あっ、あっ、あああッ!出ちゃ…あああッ」



言葉にならず、バスタブに掴まって、

立ってるのがやっとな私。



私のあそこから、潮吹きしまくりのせいで

タイルが水浸し……



「ルカのスゴい…大丈夫?」



心配してくれるのか、してくれてないのか、

カズユキさんは、楽しそうに突き上げてくる。



「わかんなっ…あっ、あっ、イクッ……んっんっ」



腰が抜ける?

脚に力が入らなくなると、

カズユキさんの両腕で支えられたままイった。



「ルカのここ、気持ちいいね」



そう言ってカズユキさんは、

少し、動きを緩めて、

私を後ろから抱きしめた。



「私も…奥、気持ちいい…はぁん」



中の熱さと、気持ちよさで、

後ろ手にカズユキさんと片手を繋いだ。



「ここ?」



カズユキさんは、確認しながら、



硬い大きなモノを


ゆっくり


ゆっくり…


深く…………


奥まで挿して………


そのまま、制止してしまった。


あそこの中がパンパンに圧迫されてく。




「あっ、いっぱい…ああっ…おっきい…」



幸せと気持ちよさで、

ネコが伸びする時みたいに背を仰け反り

つま先立ちで喘いだ。



「ああっ、中が…あっ…イっちゃう!ああっ」



仰け反ってイったと同時に

カズユキさんは、私の乳首を摘みながら、

激しく突き上げてきた。



「あっ、カズユキさん、ああっ、イクッ!」



あまりの気持ちよさに

おしりを振ると、

カズユキさんの硬くて太いモノが、

だんだん激しく突き上げてきた。



「すごっ…奥、ああん、イっちゃう!

あああッ、こわ…れちゃ…あああッ!」



イキ過ぎて、意識が飛び始めると、

カズユキさんが、

スピードを増して突き上げ続けて言った。



「気持ちいい…出るよ?」



だんだん、浅く擦れるので、

カズユキさんが、外に出すんだと分かった。



「あっ!ダメだよぅ!中に出して?」



私がそう言うと、

カズユキさんは、



「え、ダメだって…ルカ」



そう言って、イクとおしりのうえに出した。

私は、いたずらっぽく笑って、



「入れて…ほしいの」



そう言って、おしりを突き上げると、

射精したてのものを指先であそこに入れた。



「あ、ダメだろー」



カズユキさんは、そう言いつつ、

硬いままのモノをぬるん と、挿してくれる。



「ああっ、熱い……癖になちゃう」



熱くてヌルヌル…コレなしでは、生きていけない。


バスルームに

精液が混ざって、音がひびく。



「もー、ルカはエロいな」



そう言いつつ、

カズユキさんは、優しい。



「スゴいヌルヌル…ルカ、気持ちいいの?」



そう囁かれた瞬間に



「う…んっ、あっ!あっ…イクッ」



あっという間に果てて、

膝から崩れた。


つづく。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ルカさん(35歳)ID:4936680・08/23

    つくしさん
    こんにちわ(*'▽'*)
    ノーマルなえっちなので、特に新技(?)とか、ないんですけど、気持ちが相乗効果になってます(笑)私は、ついイタズラしたくなっちゃうんですよねw

  2. つくしさん(43歳)ID:4935548・08/23

    ルカさんこんにちは(*^-^*)

    なんだか、官能小説を読んでいるみたい(///∇///)
    ルカさんらしい、色気にそそられます(/▽\)♪

関連するブログ記事

  1. ※えっち編、閲覧注意! 苦手な方は、スルー願います。...

  2. 仰向けになると、私の中にカズユキさんのものが入ってきた。...

  1. 脚を広げられ、カズユキさんの肩に掛けられたことで、腰...

  2. ※えっち編なので、テーマ確認の上、 苦手な方は、スルー願い...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. ギャンブルする人に金を貸し後悔
  2. 長年の不妊治療の末に妊娠し流産
  3. 東京都民じゃなくて良かった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3