ラヴィーナのブログ

過去の恋愛と病気のこと

  • 記事数 50
  • 読者 5
  • 昨日のアクセス数 20

死にたい

しおりをはさむ

2016/08/22 08:52:21

  • 1
  • 0

ケンジは夏休みを利用して
北海道にツーリングに行っていた。

北海道から帰ってくる日、
うちに来ることになっていた。

私はケイとバイクで出かけていた。
雨が降ってきて、やむまで雨宿りしていた。
なんとか小雨になって家に帰った。

しきりに帰りたがる私を
ケイは不審に思っていた。

夜、ケンジが来た。

そこで初めてケンジとセックスした。

携帯はサイレントにしていた。

朝方目が覚めて携帯を見た。
ケンジは眠っている。

ケイからの着信。
メール。

「下にいるんだけど」

アパートに来ていた。

「誰かと一緒なの?寒いんだけど」

「降りてこい」

「何やってんの?」

「もういい。誰かにそばにいてもらえよ」

不審に思ったケイは、夜私のアパートまで
来ていた。
知らないバイクが停まっているのを見て、
男といることを察知した。
でもうつ病の私が1人にならないようにと
最後の言葉。

「誰かにそばにいてもらえよ」
「絶対1人になるなよ」

どこまで優しいんだ。
1人にならないなら良いと。

どんな思いで帰って行ったんだろう。

涙が出た。

傷付けてはいけない人を
傷付けた。

発作が起きた。

苦しくて苦しくて台所で倒れた。

ケンジは寝てる。

なんとか回復してケンジを叩き起こし、
ママがもう来るから帰れと帰らせた。
朝7時。

ママは昼頃来る予定だった。

1人になってタバコを吸いながら泣いた。

死にたいと思った。
ケイを傷付けた分自分も傷つかなきゃと
手首を切った。
初めてのリストカット。

ケイにメールした。
もう死にたい。
ごめん。

ケイから電話。
泣きながら謝って、ケイを傷付けたから
自分も傷付けてると言った。

ケイは「何してるの!?」と言った。

「手首を包丁で切ってるけど、切れないの」

「やめろ!男はどうした!?」

「いない」

「今から行くからやめろ!」

ケイは飛んできた。
仕事なのに。

ケイが来て安心した私は泣きながら発作。

傷だらけの手首を見てケイが泣いた。

俺のせいだって。

発作は治らず、頓服の薬を飲んだ。
意識が朦朧とする。
ベッドに連れて行かれて
手を繋いで眠った。

起きようとしたけど意識が朦朧としている。
ママが来ていた。
話し声が聞こえる。

ケイが事の成り行きを話したらしい。
ママが来るまでにケイは私の携帯を見た。

状況を全て把握したらしい。

ケイは仕事を休んでくれていた。
だけど一応説明をしに仕事に行くと言って
ママに私を託して仕事に行った。

ママは私の手首を見て
「何を馬鹿なことを…」
とつぶやいた。

ケンジからはマヌケなメールが来ていたが
無視した。

初めてリストカットした傷は
浅いものばかりだったけど、
一つだけ手首の1番上に今でも残っている。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ケイくんは、ベッドに仰向けになって寝転んだ。「じゃあ、...

  2. SNS

    08/08

    当時流行っていた某SNSに私もハマっていた。バイクに乗...

  1. 大学3年の夏休みに入った。ケイは仕事。日中はほとんど...

  2. 「レイ!!」 突然、扉が開いた。そこには愛しき人が立...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 実母「幸せな娘が許せない」
  2. 働いているのに生活保護受給
  3. 同居義母が義弟の家に通い妻状態

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3