バカだったなぁ…

昔の事を書いてみます

  • 記事数 241
  • 読者 284
  • 昨日のアクセス数 1474

掲示板・12

しおりをはさむ

2016/08/30 06:35:26

  • 21
  • 0

気持ち良い



そう気づけた事は良かったと思うが
快感に覚えながらも
1つだけ、頭の片隅に残っていた。



ゴム…つけなきゃ…



今までの2人は
最初からゴムを付けてくれてたが
まさやは付けずに入っている。



ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ…

「あっ、あっ、ぁん…」



まさやが腰を動かすたびに
甘い声が溢れる。



まさやの腰は止まらない。



「ぁん、…お願い…あっ、ちょっ…あっ」



何とかゴムを付けてもらうよう
訴えようとするが
耳元でまさやの息遣いが
囁かれるように聞こえて
力が抜ける。



本当に耳、弱いなぁ…



まさやの腰の動きが止まる。



まさや「ふぅーーーー」

大きく息を吐いた。

まさや「いきそうだった…ちょっと休憩♡」

「ねぇ、お願い、ゴム付けて…?」

まさや「あ、生だったね…もうちょっと生でしたいんだけど、ダメ?」



まさやが意地悪っぽく腰を動かす。

「ぁんっ、お願い…だめ…」

まさや「わかったよ~」

そういってソレを引き抜くと、
まさやはベッドの上に置いてあったゴムを付け始めた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ゴムを付け終えたまさやは再び私の中に入ってくる。で...

  2. 具体的に言えない何気にこれまで言ったことない卑猥な言葉...

  1. まーは、クリ◯◯スを刺激していたローターをあそこに挿入します...

  2. 264

    2015/11/29

    おもちゃを取り出そうとしてる手を押さえた‥かずさんが...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

2/22 編集部Pick up!!

  1. セルフレジを幼児に使わせないで
  2. 借金地獄に陥る女性が多く驚いた
  3. 夫にこれだけはバレたくない事

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3