ブログランキング30

ジュリーさんのブログ

セレブセックス

  • 記事数 258
  • 読者 2123
  • 昨日のアクセス数 12322

震える 心

しおりをはさむ

2016/08/18 13:47:04

  • 204
  • 2

なぜ、なぜ、
今なの。心が震える。

何時間、ここにいるの?クローゼットルーム。
ドレッサーの前に座ったまま。
『アンチェインドメロディ』が、ずっと頭の中で流れる。

優子さんが心配して、声をかける。

旦那様が、戻られるのでは?

冷たいタオルを用意して、ドアの前に。
顔が、パンパン。
リビングのソファーで、顔を押さえる。

会長が、帰ってきた。優子さんと出迎える。
スリッパを履きながら、優子さんの前でも、抱きしめる
ただいま。おかえり。

なんや、お前。顔どうした?

クローゼットルームで、スーツを脱ぎながら、聞く。
風呂入る。そう言って、肩を抱く。

会長の着替えを、用意して、私も。
バスタブに浸かると、すぐに、首筋から、
ううん…
首を持って、口を塞いでくる。熱いキス。
っあ…
キスと、キスの、合間に、なんで泣いた?
やっぱり、気づいてる。
ドラマ見て。
ピチャッ。舌を感じるキスをする。
そんな。ドラマ見るな。
その、優しさが、また、悲しくさせる。

食事をしたのかさえ…わからない。

食事の後、フルーツとシャンパンをバルコニーで。
何も聞かず、肩を抱いている。
時折、耳を舐めたり、フルーツを口に運んだりする。

私の頭の中は、まだ、『アンチェインドメロディ』が
流れて、会長の声が、聞こえない。

あの時、なぜ、車を、止めなかったの?
マセラティだったら、涼が、気づいたはずなのに、
触れる事が、できたのに。
部屋に残った、涼の香が、離れない。
なんで、なんで、今、引き戻すの。私の心が離れない。

シャンパンの、消えていく泡を見ながら、
勝手に流れ出す。涙

レイ。

そんな、悲しいドラマは、もう最終回や。

両手の親指で、涙を拭ってくれる男。

口をつけない、私のグラスを取り、テーブルにおいた。

レイ。
寝よか。

キスをしながら、ベッドに、寝かす。

両手で、顔を挟んでキスしないで、
涼みたいなキスなのに、違う。

首へのキスも、涼…じゃない。

ああ…
いやっ。

絡ませた、5本の指が、握られる。

ああ…できない。

外された手は、私の胸を揉み、

指を入れた。

あ…あ…ん

会長の舌が、熱い。

んーーー

ちん◯が、差し込まれ、ゆっくりと。

ああ…いや。

仰け反る肩を押さえられ、

顎から、上に、舌を這わせる。

耳に。

痛いか?

ううん…と、横を向く私の顔を、自分の、方に向け、
舌を入れて、キスしながら、ゆっくり動かす。

ぅうーんん

しっかり、両手で、私を抱きしめ、動かす。

忘れろ。レイ。

もう、泣くな。

ああ…っあ…

頬を、着けて、腰を動かす。

ただただ震える、からだ。震える、心を抱きしめて。

『アンチェインドメロディ』が、悲しく切なく
涼の、myloveが、曲にのって、しまう。

涼…と、叫ぶ、口を、すかさず、会長は、塞いだ。
息も出来ないほど、深く、悲しいキスを、する男。

涼…と、呼びたい口を受け止め、長い長いキス。
震えるからだを、しっかり、両手で、受け止める男
涼の名前を、飲み込んでくれた。

レイ。
泣くな。

う…

ねぇ。震える心も、抱いて。

激しく抱かれにいった。

私を、後ろから抱いて、眠る男。
私は、眠れず。
ぼんやり、私を抱いた手を見つめていた。

ゆっくり、その手から、すり抜け、
バルコニーで、外を見つめていた。

午前3時。

車のキーと、CDだけ持って出る。

真夜中の、地下駐車場に、フェラーリの爆音。

キキーって鳴らすと、『アンチェインドメロディ』だけの音で、、

ひたすら走らせた。暴走。

止まらない涙。

涼の笑った顔。私に、笑いかける顔が、浮かぶ。

この曲は、一気に、涼との時間に、私を、運んでしまう

会長の手前、何も贈れない。
涼の、その気持ちが、つたわってくる。

無意識に走らせた。

やっぱり、着いたのは、神戸の埠頭

肩を、抱かれた感覚を今でも、からだが、覚えてる。

どうして…

涼…

なんで、愛してていい?って聞くの。

一緒に、帰れないのに…

涼…
偶然でもいい。会いたい。

愛してくれる男が、目覚める前に、帰ろう。

帰ると、バルコニーに、立っていた。

気が済んだか?
震えた心は、置いてきたか?

うん。

いつ起きたの?

お前が、出るとき。

待っててくれたんや。

・・・

もう少し寝る?

あと少し。

おいで。

何も聞かず、抱きしめ、
冷たい。と、だけ。

私を、愛してくれる男の、腕の中に、帰ってきた。

それでも、耳に、『アンチェインドメロディ』が、
残っている。

震える心も、連れて帰ってきてしまった。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. ロアナさん(35歳)ID:5223677・09/21

    セツナイ。

  2. エジェリーさん(51歳)ID:4893240・08/18

    いたたまれなくて読むのも辛くなるお話ですが、会長にやっと優しくしてもらえそうな予感も…

    ずっと、北風と太陽の話を連想してました
    北風からせめて、陽だまりになって貰えたら…いいですね

関連するブログ記事

  1. 会長は、本当に、ここで、暮している。…?週が明けても、こ...

  2. 玄関のドアを閉める。今日は、嫌!やっとの思いで発した言...

  1. 綺麗だなぁ…キラキラして… 涙がこぼれる。指先が少...

  2. 会長は、まだここに住んでいる。本宅には、戻らなくても平気...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 結婚記念日直前に夫の浮気が発覚
  2. 親に反対され仕事を辞める45歳
  3. 夫が無痛分娩をよく思っていない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3