エロいことだけ語る

旧Blog:全て自己責任、の作者と同一人物。エロいことの独り言。

  • 記事数 658
  • 読者 342
  • 昨日のアクセス数 1064

2016/08/17 21:33:49

  • 16

オリンピックとか音楽コンテストには、舌遣いを競うものってあったっけ。
思いつくのは、さくらんぼの種飛ばし大会、フルートなどの管弦楽コンクール、尺八大会、オペラコンクールくらい。

舌遣いそのものは競い合いにならないなかね。

フェラチオコンテストとか、舌遣いで誰かを幸せにする競い合いがあったら挑戦してみたい。
なぜなら、舌を柔らかく器用に使うことは、脳みその神経を使わないといけないから、技術や機能を上げたいんだよね。

よく、顔のエクササイズで恐ろしい変顔してるのは、あそこまで変態にならないと舌は鍛えられないってことじゃん、なんか下品でやる気にならないんだよね、ひょっとこ顔やインドネシアの壁画にいそうな魔界の動物みたいな顔。

じゃあそもそもなんで舌を鍛えたいか、って聞かれたら、まぁ、やっぱ下品なとこに行き着くんだけどね。

ていうか、舌、ってのはやはり下品なものとしてみなされてるわけだよね。なんで舌を出して人を見つめたら人は怒っちゃうんだろね。

舌には、よっぽど人様に見せない部所を、お前なんかには見せてやるわ!ってなって、見せられたやつは肛門の粘膜見せられた並みにむかついちゃうってことかね。

ということは、人間や動物は、舌を見せたら喧嘩売ってるってことになって、舌遣い上手いコンテストなんか絶対審査できないから開催されないってことかね。

わかんねーんだけどさ、舌遣いを鍛えればとてもいろんなことに敏感になって若返る気がするんだよね、私は。

同じテーマの記事

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 彼氏の離婚話が進まずメル友状態
  2. 理想の親にならないと妊娠不可
  3. 体調不良が原因でクビになった親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3