ブログランキング11

春の風

大好きな彼との未来へ。☆完結☆最近のことを書いてます。

  • 記事数 639
  • 読者 2703
  • 昨日のアクセス数 28010

ずっと一緒に

しおりをはさむ

2016/08/16 19:21:38

  • 288
  • 0

悠がそこを舐め回す。


ジュルジュル音を立てる。


そして私は快感に体がしびれていく。



「すごいヒクヒクしてるよ、、、」


そういうこと言わないで!


って言う余裕もないくらい、そこが弱い。



一番敏感なところを悠が舌先でチロチロ舐めると、体ピクッピクっと反応してしまう。



「ここ、弱いね」


「ぃやぁ、、、ぁん、、、あ、」



そしてそのまま指が入ってきて、中をかき回される。




しばらくすると、悠がこちらに戻ってくる。


私は悠にしがみついて、その時を迎える。



そして、ぐったりしているとすぐに悠が入ってくるんだ。



あんまり余裕の無さそうな表情。


上から見下ろされ、足の間に悠が入り、


ぐぐっとそれを奥まで差し込まれる。


その瞬間、目の前がチカチカして、悲鳴に近いような声が出てしまう。


悠も、一緒に、くっ、、、、と声をもらす。


たまらなくエッチな顔。



ずっと見ていたい。


だけど、どんどんくる快感を全身で受け止めるために体に力が入り、目を閉じる。



すると必ず悠は、


「アンナ」



って、いつもの何倍もセクシーな声で私の名前を呼ぶ。



目を開けると、大好きな悠がいる。


同時に悠の舌が私の口内をかき回す。



片手で胸をもまれ、キスで口をふさがれ、快感におぼれていく。



そして、足を持ち上げられて、悠が激しく腰を打ち付け、同時に敏感なとこもこすられると、



私は二度目の絶頂を迎える。


ほどなくして、悠も、、、、。








終わってから、悠はこの日、私の大好きなあの優しい笑顔で言ったんだ。



「アンナ、ずっと一緒にいような。」


って。



「うん。」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 10/13

    かなを産んでから、ほんとに数えられるくらいしかしてこなかった...

    春の風

    • 429
    • 0
  2. 「アンナ動いて?」「うん、、。ん、、、ぁ!ダメ。ストップ...

    春の風

    • 249
    • 0
  1. 悠の唇がチュッと音を立てて離れた。そしてボディソープを泡...

    春の風

    • 230
    • 0
  2. 竹田君の、『悠がアンナちゃんを嫌いになることはない!』に...

    春の風

    • 245
    • 2

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/19 編集部Pick up!!

  1. 小学校の登校班を見て喜んだ理由
  2. レシピ本見ないと料理できず不安
  3. キラキラネームつける人に思う事

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3