ブログランキング62

母親?人妻?…それでも女。貪欲に生きる私。

ギャンブルも、不倫も、借金もしてます。これが今の私の現状です。

  • 記事数 647
  • 読者 934
  • 昨日のアクセス数 4524

501、制御不能

しおりをはさむ

2016/08/16 11:47:41

  • 77
  • 0

稲田が唇を塞ぐ。



リクくんが、私の胸を揉みながら
乳首に吸い付く。身体が跳ね上がる。
次の瞬間、下半身に電気が走る、、、
青葉くんが、躊躇もせずに、おマンコ中に
長い舌を入れたり出したりをし始めた。


んーっ、んくっ!!んーーーっ!!
稲田に塞がれているが、必死に声を出そうと
するも無理だった。



唇、胸、下半身、、、
いっぺんに強い刺激を受けると
頭の中が真っ白になってくる。
それと同時に身体の奥が、どうしようもなく
疼いて熱くなってくる。


青葉くんはクリトリスに吸い付いて
指を優しく出し入れし始める。
クチュクチュクチュと、いやらしい水音が
し始めると、
リクくんも青葉くんの近くに行き
二人でクンニを始める。

ペチャペチャ、、、
ジュル…ジュル…、、、
その音と、刺激だけで軽くいってしまう。



「のの、いってるだろ?
俺じゃない人にイカサれてるの見るの興奮する」
稲田は、私の顔の前に立ち膝をするような形に
なり、オチンチンを口の中に入れてきた。
何度、射精をしても元気なのは、なんでだろう?
そんなことを考えながら
夢中で舐め始めた。



リクくんと青葉くんの、2枚の舌のクンニの
破壊力は絶大だ。
私は、オチンチンを口の中に入れたまま
「でひゃう!!んーーーっ!!」




バシャバシャと二人にかかってしまう位
潮を吹いてしまった。
「すごいですね!!」
そう言いながら、また吸い付き始める。
いったばかりなのに、まだ刺激が強すぎるのに
二人は交互におマンコ中に舌を出し入れする。
頭だけしか見えないが、そうとう
卑猥なことをされている、、、


それだけで、また
「ためぇ、、、いくっ!!いっひゃう!!」
オチンチンをくわえたまま
私はベットの上でバウンドした。




「のの!口が止まってるよ??
ほら、頑張って!!
ちゃんと気持ち良くしてくれたら
いっぱいいれてあげるから!!」
稲田は私の好きなイマラチオを始める。
喉の奥まで入る、涙も涎も流れ始める。
痺れるような快感が両方から襲ってくる



下半身の快感は
青葉くんが何も言わずに、私の中に入ってきた。


んぁんっ!!!
入れても上下には動かすに中の方を探るように
グニグニと動かすだけだ
リクくんは私と青葉くんの繋がっている部分を
夢中で舐めているようだ。
クリトリスと子宮口にコツコツと当たる刺激
もう、完全に意識が飛んでいた。




ガクガクと震えはじめる稲田は
ラストスパートをかけるかのように動かす。



うぁっ!!
その声と同時に喉の奥に流れ込む精子を
なすがまま飲み込む。
口からオチンチンを引き抜くと
私にDEEPキスをくれた。


「えらかったね。」
稲田は笑いながら頭を撫でる。





青葉くんとリクくんは、それを見ていて
「愛されてるんですね、お互い。」






ねぇ、稲田。
愛ってなんなの?
私たちに、それは成立するの?





遠くの方で、そんな声が聞こえるようだった。





でも、まだ私は青葉くんと繋がっている。
青葉くんが
「ここ、子宮口ですよね、少し入れても
いいですか?」



そういうと、ググーーーッっと押し広げて
入ってくる。
腰が引けるくらいの一瞬の痛みが走ったが
クリトリスを舐められているので、なんとなく
我慢は出来たが、、、
亀頭が入った瞬間!





い゛゛゛゛゛いやぁっーーー!!!!
と、けたたましい声をあげてしまった。
もう制御不能になりそうだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. あっくんは、無心にオチンチンをしごいていた。私は、それに手...

  2. もう一度ぎゅっと、目を瞑った。そして、心と身体を空にするよ...

  1. 「うぁぁぁん……んんっ……あぁぁぁんっ……」「ロー...

  2. 徳は私がイッたのを確認すると一旦肉棒を抜いた。そして私の口...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. 出産したら義母に話したい事
  2. 親の葬式で泣いたら「恥さらし」
  3. 夫が毎日パチンコ通い家計を圧迫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3