ローラさんのブログ

  • 記事数 103
  • 読者 17
  • 昨日のアクセス数 29

乳がん一次再建術のその後

しおりをはさむ

2016/08/10 22:36:21

  • 1
  • 0

5月に初期乳がんの全摘出一次再建術を受けた。

右胸の乳腺を全摘出したけど、乳頭は残せた。
センチネル生検でリンパも取らずにすんだ。

自家再建は腹筋をひとつとお腹の脂肪が使われた。

だから、お腹を分断する大きな傷が残った。
胸にも直径5センチほどのつぎはぎができた。
切除した患部の真上の皮膚は摘出する必要があったのでその部分にお腹の皮膚が持ってこられた。

手術から3カ月が経って胸のふくらみは馴染んで落ち着いた。

だけど、必要な人に知ってほしいから書いておこうと思う。


私は、再建を結構ぐるぐると悩んで、多分やらなかった方が大きく後悔したと思うしやってよったと思うけど、やっぱり切ったとこは元のままではない。
胸は仕方ないけどお腹も違和感は消えない。

元々、ざっくりと中のものを胸に移してお腹の皮膚を引っ張り合わせるので突っ走りは免れない術式だけど、痛みではない違和感が、癌の完治とはいえ元どおりではないと常に感じさせる。

ずっと傷を見なくてもずっと傷を感じる。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 2016.1.23凍結胚移植アシストなし。15時に...

  2. その日のうちに予約、そしてその日に手術をした。メディ...

  1. お腹はすくし。甘酒ヨーグルトに生姜の粉末いれて食べた後、ス...

  2. 3章才能の豊かな魅力にとりつかれ通いし異性振りほど...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/8 編集部Pick up!!

  1. 夫が「そのまま孤独死すれば」
  2. 葬式なのに妊娠報告すべきか悩む
  3. 働いているのに生活保護受給

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3