ミヅキさんのブログ

  • 記事数 5
  • 読者 0
  • 昨日のアクセス数 2

もう届きはしないだろう、この思い

しおりをはさむ

2016/08/19 00:57:11

  • 0
  • 0

前の職場を離れてから、早くも半月…
私が今、思い返していることをありのままに綴ります
あんな去り方をした
もう決して面と向かって告げられることはないだろう
何とも言えない気持ち
本当は、全員に向けて言いたいのだけれど、まとまらないから何人かにだけ…
Aさん
2年間大変お世話になり、ありがとうございました
在籍時、口では厳しいことも非常にキツイことを言いながらも、優しく見守ってくださり、こんな私をAさんの情で置いてくださり、最後の最後まで気にかけてくださり、本当にありがとうございました
Oさん
2年間ありがとうございました
私が働きやすくなるように何度もAさんに働きかけてくださり、同じ職場で女性の先輩方の中では一番に私のことを気にかけてくださいました
私が新入りだった頃、始めのほうに優しく声をかけてくださったのはOさんでした
何人もの先輩が私を放っていかれる中で、Oさんだけが最後まで私の味方でいようとしてくださり、心配させてしまいました
Oさんのその優しさ、絶対に忘れません
そして三人目、この方だけはイニシャルは、伏せさせてください
かぶります
2年間ありがとう
同じ職場で唯一の同年代で一番私のことを気にかけてくれたね
みんなの前では、変な誤解されないように敬語を使っていても、二人だけの空間の時は、壁を作らず、話しかけてくれたり、優しくしてくれたりしたね
その穏やかな雰囲気や優しさにどれほど救われていたか分かりません
そしてもう伝えられることはないけれど、私の中で特別な人でした
そばにいられるだけで幸せでした
ありがとう
この方たちがいなかったら、在籍していた2年3か月は、ありえなかったと思います
そしてその優しさは、かつての職場を退職した今でも私を支え続けてくれています
もう、言えないけれど、心の中で語り続けています
「同僚だった時、できなかった恩返しは、これから別の形でしていきます 私が仕事を頑張り、懸命に生きていくことがお世話になったかつての先輩方への恩返し またいつかどこかでお会いできたら嬉しいです もしその時が来たら…」
その時が来るのを願いながら、懸命に今日を生きています
もしかしたら、その時は来るかもしれないし、来ないかもしれません
でも、もしその出会いという縁がまだつながっていたら
そう願わずにはいられません

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 未婚に祝ってほしい新婚女性
  2. 不妊治療する人は金持ち多いのか
  3. 相続した不動産の価値が心配

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3