男というもの、女というもの。

誰にも言えない私の性体験を、赤裸々に綴ります。

  • 記事数 29
  • 読者 28
  • 昨日のアクセス数 8

男というもの、女というもの。(24)

しおりをはさむ

2016/08/10 14:51:26

  • 1
  • 0

今まで知らなかった快感を味わい、体はとても満足だった。

ホテルを後にし日常へと戻った。

その後の先生とのメールのやりとりで、避妊をしなかった理由を聞くと、何かあったらその時真剣に悩めばいいとのこと。

その返信を見て、愛はないの?と思い、遠回しに聞いた。
返事は、
「だって所詮セフレでしょ?」といった内容。

セックスが上手な先生は、愛があった訳ではなく慣れていただけ。
女性経験を聞くと、「風俗を入れたら3桁超えてる」と。

それを聞き、病気が怖くなった私は正直にそのことを話すと、「その時はその時。」と言って不機嫌になった。

私に残された不安。一緒に行こうと言ってみたけど無駄だったので、一人でHIVの検査を受けに行ったりした。

セフレという関係を、分かっているようで分かっていなかった。

冷たくされ、勝手に落ち込んだけど、私は先生のことが変わらず好きだった。

嫌われたくない。好かれたい。終わりたくない。

初めてのセックスの後、ちょっとぎこちなくなったけど、先生は私の主治医、私は先生の患者。

その関係は、その後も当分続いた。

その頃、先生は彼女と週末一緒にいることが増えるとかで、メールを控えるように言われた。

それからしばらくして、先生が年度末で今の職場を辞めると聞かされた。

私の治療も間もなく終わる。
通院することがなくなれば、先生と会うことも出来なくなる。

先生と会えなくなることがショックで仕方がなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. メール

    2014/06/22

    それから、次の密会の日程や、場所などを決める為先生からメール...

  2. 先生と私は、数ヵ月に一度という間隔で会うセフレだった。先生...

  1. ラマン先生は幾度も私を求めてきた。大人のセックスを知らな...

  2. 恋愛遍歴

    2016/06/22

    取締役との間柄が、男女関係になって2ヶ月が過ぎた…平日、仕...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/29 編集部Pick up!!

  1. 名付け候補は飛梨香で「ぴりか」
  2. 出向してきた社員見てやる気喪失
  3. 息子からのプレゼントに思わず涙

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3