エロいことだけ語る

旧Blog:全て自己責任、の作者と同一人物。エロいことの独り言。

  • 記事数 835
  • 読者 424
  • 昨日のアクセス数 1558

疾病利得

しおりをはさむ

2016/08/08 22:38:20

  • 25

横になれない、座れない程の腰痛のため、病院の待合室ではずっと立っていた。施術所でも、点滴中も。
2つの病院行ったから、合計5時間立っていた。

待たされる時間が長いので、その医院長の著作を全部読んでしまった。会ってないけど、良い病院なんだとわかる。

その中で気になる言葉があり、疾病利得とあった。患者が疾患によって得る心理的、社会的、経済的利益。

私は今回整骨院で嘔吐しても優しく言葉をかけてもらい、救急車乗って隊員に気遣われたり、家族に心配してもらったり、看護師さんにヒアリングしてもらったり、落としたバックを拾えないので受付の人に拾ってもらったり、このブログ読者様にお見舞いコメントいただいたりした。

自分が不自由アピールしてなくてもわかってくれるのは、さすが医療関係者、とも思うし、当たり前にはいない送迎してくれる父親、見守ってくれる読者様、と、短い時間でいろいろありがたいと思った。

で、疾病利得という単語を見て、実はメソメソして痛い痛いを言ってるうちに、同情がありがたく、治りたくないような人がいるようで、ウワァって現状を垣間見た。
確かに、皆さんに心配されたら癒されたし。

そんなわけで、私はそんな病人でいることに快感を覚えていつまでも嘆く、ということはしないようにしよう、できたら早く治してシレーッと復帰してテスト合格しちゃおう、と思うよ。

まだ全く治ってないけど、病人に味をしめないように気を引き締めるわ。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 近所に総合病院が出来るということで、宣伝で無料の健康診断など...

  2. 病院に着いた。時間は分からない。でも夜。意識は半分あ...

  1. 我が子は入院中。私、意外と母乳がでやすいらしく、入...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/30 編集部Pick up!!

  1. 妻の職場復帰を夫が反対する理由
  2. 車を買った息子が涙目になった訳
  3. 「ムズムズ脚症候群」が辛い妊婦

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3