バカだったなぁ…

昔の事を書いてみます

  • 記事数 254
  • 読者 299
  • 昨日のアクセス数 167

ゲーム・8

しおりをはさむ

2016/08/17 11:41:20

  • 19
  • 0

先輩が私に覆いかぶさる。



「やだ…やめてよ…」



体は満足に動かせない。
口での抵抗も虚しく、
私の唇は先輩の口に塞がれた。



「…ふっ…んんむぅ…」



先輩は多分経験済みなんだろう。
トシキよりはキスが上手かった。



でも…



こんな時に何考えてんの自分…



とにかく今は、先輩にキスされている。
正直、苦しい。
息ができない…。



先輩の舌が私の口内を弄る。
私の舌が見つかると、絡みついてくる。



「んん…っ」



先輩の片手は私の両手首を握り、
それを私の頭の上にあげ
逃げられない様にされている。



もう片手は私の胸に伸びる。
服の上から胸を揉まれる。



「んんんーーっっ」



必死に嫌だと訴えるも、
その手は止まらない。



ふと、動きが止まった…




あ、止めてくれた…?



酔っ払って朦朧とした意識の中で
僅かな期待を膨らませる。



でもそれは
すぐに崩れた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. はやと先輩「・・ゆいか・・好き・・」「・・私も」...

  2. 先輩は、突然私の手首を掴んだ。先生に縛られた手首の痛み...

  1. 先輩が慣らすように何回もキスをしてくる。私は恥ずかしいくて...

  2. 私は、先輩に捕まった・・・・日差しが傾き、紅色が差し...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/22 編集部Pick up!!

  1. ワンオペ育児で2人目作るの悩む
  2. 車庫の前で井戸端会議され困る
  3. 我慢の限界で不倫相手と別れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3