ラヴィーナのブログ

過去の恋愛と病気のこと

  • 記事数 50
  • 読者 3
  • 昨日のアクセス数 5

2016/08/08 00:11:26

  • 0
  • 0

大学3年生になった。

私のココロはだんだんと壊れていった。

幼児返りはエスカレートし、
突然泣き出すのも増えた。

ケイは就職して仕事が忙しく、
会える時間が減っていった。

それでも私はほとんどケイの家にいた。

大学にもだんだんと行けなくなった。
人に会うのが怖い。
被害妄想が出てきた。
みんな私を見て悪口を言ってると思っていた。
外に出るときはサングラスとイヤホンが
手放せなくなった。

不眠も出てきた。
食欲もない。
気力もない。

学校にやっと行けても保健室で寝るだけ。
授業に出れない日が続いた。

私は大学で福祉の勉強をしていた。
だから教科書に書いてある症状と
見比べて、病院に行こうと決意した。

同じ頃かなも発症した。
2人とも痩せ細り不眠。
2人で保健室にいることが多くなった。

2人で病院に行った。

とりあえず「神経症」

安定剤と眠剤が処方された。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 大学3年生。遅れた分を取り返さなきゃいけなかった。夜間...

  2. 私はそれまでケイに甘えまくっていた。その結果浮気もした。...

  1. 「サキちゃん 本当によく頑張ったね」「ケイ先輩のおかげです...

  2. 手紙 ②

    2015/09/14

    ケイ先輩の 大学に到着。遠巻きに 学内を見渡す。そうそう...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

5/21 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3