良い子悪い子冷たい子

ACの私が感じる生き辛さ。けど変わりたい。心のリハビリと黒い本音。

  • 記事数 10
  • 読者 6
  • 昨日のアクセス数 1

根っこにあるもの…

しおりをはさむ

2016/08/05 04:00:33

  • 0
  • 0

根っこにあるもの、それは『潜在意識』。


子どもの頃の小さな積み重ねが、今の私をつくる。


せっかくの褒め言葉を真っ直ぐ受け取れないのは、真っ直ぐな褒め言葉に「慣れていない」から。
そして、何より褒められる事に「慣れていない」から。
……なんじゃないか?って思い始めてきた。


これもやはり、ACとして育った事が影響してる気がする。


頑張っても頑張っても「褒めてもらえなかった」「認めてもらえなかった」という想いや記憶が、「私は褒められる人間ではない」という潜在意識を産み出して、結果としてそれは、「私を褒める人」に対して無意味な敵対心や嫌悪感、猜疑心を抱かせてしまうのではないか?という結論に至った。


本当は「褒められたい」「認めてもらいたい」と思っていても、記憶から作られた根っこがそれを許さない。


「私は褒められる人間じゃないでしょ?」


と自分にストップをかけて『褒め言葉への否定』になってしまう。



そんなの、本当はすごく苦しくて悲しくて虚しいのに、「褒められない」「認められない」自分に慣れてしまっているので、その不条理を「いつもの私」としてなんの疑いも持たずに受け入れて、そこに落ち着いてしまっているんだと思う。

慣れない事をするのは疲れるし、怖いからね。

本当は嫌でも、慣れてるから心地いいと思ってしまうんだろう。


「ほらほら、やっぱり私は認めてもらえないのよ」と。
「あぁ、やっぱり私は愛されない」と。


認められない
愛されない
褒めてもらえない

そんな私がホント私だと「思い込んでる」だけなんだよね。


けどね、やっぱりそんなの辛すぎるんだよ。


人間は皆、何をしなくても、何を頑張らなくても、取り繕わなくても「愛されて当然の存在」であるべき。恋愛の指南書(笑)にそう書いてあったw


子どもの親に対する愛は無償だった。
本来なら、親の子どもに対する愛も無償であるべきだった。

何を頑張らなくてもいい。
何を見繕わなくてもいい。

貴女が貴女として存在するだけで愛おしい。

そう思うのが親のあるべき姿だったはず。

それを得られなかったのだから、まずはその傷と穴を自分で埋めようか…。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 私自身は1年間 療育に一緒に通って知識が増えた。そし...

  2. 家庭の中で否定され続けて育った子は自己肯定感が低いまま大人に...

  1. 子どもを守れるのは親しかいないよね。自分が寂しいからって...

  2. GT内でもニュースになってますね。授った命に責任が取れな...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/21 編集部Pick up!!

  1. 姑に幼稚で地味な嫌がらせ受ける
  2. 新職場 3日目で急に怒鳴られた
  3. 県営プール「オムツ」で入場

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3