LIFE GOES ON.......

アメリカでの20年間プラス。 日々の出来事を綴っています。

  • 記事数 1057
  • 読者 102
  • 昨日のアクセス数 286

2016/08/04 11:00:21

  • 4
  • 0

スティーブの ドラック問題がピークだった時に

実はやってみようかと思った。

そしてとことん落ちようかと。


でもそんなことしてもどうにもならないよね。


落ちるとこまで落ちて そしたら自分で這い上がるか それこそこの世から消えるしかないものね。


それってワガママだよね.....


たいした母親じゃないけど、 それでもべニーやソフィアを麻薬中毒者の子供にはしたくないし

外国で麻薬大量摂取で娘が死んだなんて両親が知ったら どれだけ傷つけるか。

スティーブだって6年一緒にいるって言っても 所詮他人。

それに 麻薬中毒者に 私のケアなんって出来っこないよね。

やっぱり自分一人でなんとかしなきゃいけないんだよ....


外国で国際結婚して住んでる日本人。


逃げる場所が近くにない ( ̄▽ ̄;)


強くなるはずだわ.......


こんな葛藤があって 結局ドラックは未だに手を出したことがない (  ̄▽ ̄)


日本でも麻薬に手を出してる有名人の人なんかのニュースを見ると 「自分勝手だな」って思う。

自分の家族や両親のこと考えたら手を出せないと思う。

だから同情は出来ない。

今ではスティーブもきっぱりやめている。

彼の中でどういう決心があったのかは分からない。

でも彼なりに守りたいものが出来たのかな?

それでも自分勝手なヤツ、 って思うことは変わらないけど (⌒-⌒; ) それでも よかった。

こういう辛い時期を一緒に乗り越えたっていうのがあるから、 別れられていないのかも.....

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. こんな出来事が起こっていることは 誰にも言わなかった。彼...

  2. 別れたくなかった。家族になりたかった。私は自分の家族を...

  1. 彼との初期のやりとりやメールを思い出していたら彼は不倫に...

  2. 185

    2016/03/29

    そして、悠くんの両親が立花家へ挨拶に来てくれた。最初は、探...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 不倫相手と関係切れていなかった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3