凛として生きてく

36年の愛を心の深くで眠らせたい。

  • 記事数 279
  • 読者 71
  • 昨日のアクセス数 163

ボランティアのこと

しおりをはさむ

2016/08/04 12:01:27

  • 6
  • 0

先日ブログに書いた野良猫B君は

我が家の隣のお宅の庭で亡くなってました。

お寺にお勤めの方なので境内の大きな桜の木の下に埋葬してくださった。

17年、わが町のボスとして君臨した子、
我々人間も涙しました。
立派なクロネコだったね!と惜しむ声。

昨日は
G君の姿が見えません。
夫も、そういや見てないな!と言います。

名前呼び、探し回る私。

この子は股の所に腫れものがあり歩きにくいそうにしてるのを見かけ病院に連れて行き
8万かけて腹膜再生手術をしたんです。
それから、我が家に居着いてる。

抱いてるだけで、私の気持ちをなだらかにしてくれてる。
無くてはならない存在。

居ない。

居ない。

居ない。

段々と私は絶望の中に落ちてく。

猫でさえ、こうなんです。

だから

彼がこの世にいないと知ることは

私には無理なんです。

自分のことは自分が一番に分かってる。

サヨナラは必然なんです。

彼も受け入れてくれたようです。


話かズレてしまいましたぁ。

G君は

帰ってきました。

ニャンともないで。と。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 8月の検診の日から先日の検診の日まで、別れたい解放し...

  2. 満開の桜。お花見日和が続いてましたが今週末がラスト...

  1. 祐輔を失ってから7年私は洸と結婚した。祐輔の居ない7...

  2. 昨日は戌の日。帯の祝いで安産祈願に行ってきました。とは...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/11 編集部Pick up!!

  1. 片づけ出来ない大人は大嫌い
  2. 「念書」と書かれた手紙が届いた
  3. 新婚なのに「老夫婦みたい」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3