明日を夢みて。

普通の女の子。でも裏を覗けば……【風俗嬢、時々過去話】

  • 記事数 84
  • 読者 41
  • 昨日のアクセス数 17

佐藤さん⑩

しおりをはさむ

2016/07/29 06:47:29

  • 3
  • 0

お店を出てから、何をする?と話になった。



時間はまだまだあった、かといって何かすることもない。結局ホテルへ向かうことになってしまった。



いつもなら気持ち良いはずの佐藤さんとの行為が、この日は何故だかあまり気持ちよくなくて、何度も演技をした。



「じゃあまた連絡するよ」


「うん、じゃあね」



別れてから、プライベートで会ったのは間違いだったな、もう佐藤さんと連絡を取るのはやめようと思った。



プライベートの時間を割いてまで一緒にいたいと思えない。お金にならないセックスなんてしたくない。



結局のところ、私の佐藤さんに対する思いはお客さん以上ではなかった。お店という狭い環境だからこそ、私は佐藤さんのことを大切なお客さんとして好きでいられたんだと思った。



セックスをしたのにお金が手に入らなかった。



いつの間にか、そんな風にしか考えることのできない思考になっていることに気付いて、最低だと思った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 今までしてきたセックスで、学びのないセックスなんかなかった。...

  2. 私は甘えることが苦手です。愛情の与え方が分かりません。誰...

  1. 達也さんと別れて、2ヶ月。酔うと思い出してつらくなることもあ...

  2. 深いため息を吐きながら、次の予約を確認する。3人目のお客...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/18 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 「17歳下の妹」が大好きな彼氏
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3