明日を夢みて。

普通の女の子。でも裏を覗けば……【風俗嬢、時々過去話】

  • 記事数 84
  • 読者 44
  • 昨日のアクセス数 15

疑似恋愛⑤

しおりをはさむ

2016/07/27 13:16:58

  • 2
  • 0

気持ちよさで彼のなされるがままになっていると、終了を告げるアラームの音が鳴った。



けれど、私も彼も何も言わずにそのまま続ける。



「出すよ…」



彼の言葉に頷くと、彼は私をギュッと抱きしめながら、中で果てた。



「時間、ごめんね。大丈夫かな?」


「大丈夫です」



お互い緊張は解けていて、イチャイチャしながらシャワーを浴び、着替えてホテルを出た。



「また来るね」



私には、その言葉が本当でありますように、と精一杯の笑顔で送り出すことしかできなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. ホテルへ戻る時彼はどこかに寄るなら行く?と言ったけどもう...

  2. 彼も我慢出来なくなったのか、「中で、出していい?」彼の...

  1. 初ラブホ

    2015/11/15

    約束の日。渋谷をブラブラ。落ち着きのない彼を見ながら私...

  2. すっかり明るくなった部屋のベッドの上で、私の身体は彼の眼前に...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/29 編集部Pick up!!

  1. 私を捨ててバツ1女性を選んだ彼
  2. 園の担任と合コン企画するママ友
  3. 担当医が若くて不安になる子持ち

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3