ブログランキング74

同級生

5年越しの恋♡ついに完結♡

  • 記事数 349
  • 読者 571
  • 昨日のアクセス数 2367

『・番外編・・・救世主現れる?!』

しおりをはさむ

2016/06/09 18:33:37

  • 111
  • 2

無視されて数日。

保護者会の日になり、烏山は朝から休み。

何か休みの理由はマイホーム購入の為、旦那さんと銀行に行くとか。


あたしは、いつもより少し早めに出勤して仕事をこなした。

午前中の仕事が終わり、部長とお局様に挨拶をして帰る支度をしていたら・・・

白石『有馬さん、帰るの?何っ、また子供風邪?』

亜美『えっ?!違う違う。今日は保護者会だから、これから行くの。』

白石さんは、少し驚いた顔をしていた。

白石『えっ?!行くの?止めたんじゃなかったの?』

亜美『部長が良いって言ってくれたから、午後は休み貰ったの。』

白石『はぁ?・・・あのさぁ~休むなら、ちゃんとうちらにも言ってくんない?』

白石さんは、あたしが話そうとしたのに聞かないでそのまま居なくなってしまった。

予定表には、ちゃんと書いたし部長からも了承貰ってるのに
なぜあんな言い方されないといけないの?!
と、モヤモヤしたけどグッと堪えて保護者会に向かった。


子供の成長が分かるスライドなどを見せて貰えて、聖樹がちらっとだけ写真に写っていて嬉しかった。

保護者会が終わって、二人を連れて帰宅。

何だか、いつもよりも疲れたかも。



翌日、出勤すると烏山と白石さんはいて仕事していた。

あたしは、席に着く前に部長とお局様の所に行って

亜美『昨日は、午後お休み頂いてすみませんでした。ありがとうございました。』

と頭を下げた。

そして、席に着くと冷たい視線。

明らかに二人が睨んでいるのが分かったけど無視した。

お昼休みは、いつもの様に外に出て行った二人。

あたしは、一人で楽だなぁ~なんて思ってお昼を済ませた。

この日は、少し忙しくて残業もした。

子供の病気で休みが多い分、出来る時にはちゃんとやろうと思っていたから。


二人からの無視は、それからもずっと続いていた。

正直言って、開き直っていたけどやっぱり空気が悪くて
凹む事もあった。


ある夜、陽に耐えられなくなって会社での事を話した。

陽は、ただ黙って聞いてくれて、あたしが話終わると頭をヨシヨシとしてくれ

陽『あんま頑張んなよっ!亜美の事だから、頑張りすぎてんじゃないの?』

その言葉に我慢していた涙が溢れてしまった。

亜美『陽、ごめんね。本当は負けたくないんだけど・・・
   やっぱり限界かもしれない。・・・仕事辞めても良い?』

陽は、何も言わずに抱き締めてくれて

陽『・・・亜美の好きにして良いよ。ごめんな、俺に甲斐性がないから亜美を働かせて嫌な思いさせて・・・』

この言葉に気持ちが楽になった。

これで、いつでも心置無く辞められる。


翌日、出勤するとまた同じ。

昼休みが終わってから、ミーティングがあった。

ミーティングが終わって、会議室からみんなが出て行く時に主任の岡田さん(5つ上くらいかな?)に呼び止められた。

岡田『有馬さん、少し話良い?座って。』

うちの部署は部長の次に主任がいたから、きっとクビかな?と思って腹をくくった。

岡田『最近どう?お子さん達は元気?』

何て遠回しな話・・・クビなら、スパッと言ってくれれば良いのに。

岡田『あのさぁ、最近・・・何か辛そうだよね?!平気?』

えっ?この人はもしかして烏山と白石さんから無視されてるの知ってる?

亜美『はぁ~、あの・・・・主人にも了承を得たんですが・・・あの、あたし辞めても良いですか?』

岡田さんは、あたしの言葉にビックリした。

岡田『えっ?!何でっ?!やっぱり辛いからだよね・・・でも、みんな同じなのにね。小さい子供抱えて一生懸命やってんのにね・・・何で分からないんだよなぁ~』

亜美『・・・・』

岡田『あのさ、提案なんだけど今の○○の仕事じゃなくて△△の仕事に移らない?それなら、二人とは関わらないから気持ち的に楽になるんじゃない?』

岡田さんが言うには、烏山が前に物凄い剣幕であたしへの不満を言って来たらしい。

自分達より多く休んでいて、仕事の負担が多い!!
って。

てか、対して仕事させて貰ってなかったのに・・・・

それで、お昼休みの無視に気付いて部長に話したら
部長も気になってたらしく、3人でいるのが辛そうなら仕事内容をあたし一人放してあげても良いと言ってくれたらしい。


亜美『・・・でも、そんな事したら余計に二人の怒りが・・・』

岡田『大丈夫だよっ。仕事は、俺達が作って渡してるんだから、文句があるなら俺に言うだろうし。有馬さん、仕事出来るから勿体無いよっ!ねっ?考えてみてくれない?』

岡田さんの話を聞いていたら、涙が溢れて大変な事になってしまった。

落ち着いたら席に戻っておいでと言われて、あたしは会議室からトイレに移動して気持ちを落ち着かせた。


この日、帰宅して岡田さんに言われた事を陽に話すと

陽『良いんじゃない?亜美の事ちゃんと見てくれてる人いたじゃん!やってみたら?それでも、ダメなら辞めたら良いしっ!』

あたしは、陽の言葉を信じて翌日、岡田さんにお願いしますと頭を下げた。

その翌日から、二人とは違う仕事にかかり
あたしは敢えて二人には何も話さずに、この時一緒に仕事をする事になった派遣さんとお昼休みを過ごすようになった。


見ててくれてる人がいる。

そう思って乗り越えた。

周りの支えがあったからこそ、頑張れました。

あれから、もう5年も務めている会社。

烏山は、あのアホな性格だったのでお局様にとことん嫌われて

『あたし、正社員になりたいから辞める!』

と言って辞めました。

白石さんは、烏山が色々煩くて同意していたみたいです。

ただ、白石さんにも言われされた事に当時は傷付きましたが
今は二人仲良くしています(笑)


長々綴りましたが、結果的には烏山からの嫉妬だったのかもしれません。

怖い怖い(。>д<)

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. 亜美さん(78歳)ID:4327697・06/19

    チハルさん
    働くお母さんに理解は欲しいですね。
    体調崩すまでって……
    子供の風邪は、予想出来ないから本当に毎日ヒヤヒヤしてました。

    今はどうですか?
    頑張っていれば必ず報われます!今のあたしは本当に頑張って良かったと胸を張って言えます。

  2. チハルさん(100歳)ID:4274326・06/14

    仕事と子育ての狭間に世のお母さんは、どれだけ涙しているか 私もその一人でした 泣いて泣いて そこまで言わなくてもで、体調を崩して辞めました 上司の方も色々考えてくれましたが 亜美さんのように😢場所の移動もできずで 今の職場でもお子さんそんなに熱出すんですか?と言われますが 何とか仕事も出来るようになり理解ある人がいるためなんとかやってます

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. 新居探しで過干渉な義両親が激昂
  2. 霊感強い女性が病院で見たもの
  3. 結婚1週間 離婚したくて置手紙

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3