春を愛する人

【2016.7.11完結】自称ひとりぼっちが、ふたりぼっちになるまでの記録。

  • 記事数 332
  • 読者 498
  • 昨日のアクセス数 509

21.初回1000円

しおりをはさむ

2016/05/31 21:02:21

  • 54
  • 0

私が「解禁」したことは、女の子達の間にはすぐに広まった。

おそらく万年フリーのあのお客様を始めとした、フリーでついたお客様経由だと思う。

そうでなくても、良くない噂ほどすぐに広まるものだ。

もともと女の子達とは距離を置いていた私は、それで特別困ったことはなかった。


ただ…いくら「触らせてる方が楽」とはいえ、接客業だしストレスはそれなりに溜まる。

仕事なんだから、お金のためなんだからと割り切ってるつもりでいても、時々自己嫌悪に押し潰されそうだった。


だけど、こっちに出て来てからまともに誰とも話していない。

店のスタッフや女の子とは、事務的なやり取りだけ。

お客様とは、営業トーク。

友達なんて、ひとりもいない。

誰かとたわいない話をするなんて、もう随分ご無沙汰。

1人が気楽だとずっと思って来たけど、やっぱり淋しいもんだなと思い始めた。


借金も減り、生活に余裕が出来た。

結局皮肉なことに、淋しさを感じる余裕が出来たことで、淋しさに負けてしまった。

私は、新しく入って来る子や体入の子に、以前より積極的に声をかける様になった。

新人さんならお互い先入観もないし、既に知ってる子達よりもスムーズに仲良くなれると思ったから。


それに、店に入りたての頃。

私自身、女の子達に声をかけてもらえたのは嬉しかった。

当初は本当に借金返済のことしか考えていなかったから、交際費が嵩む気がして、深く仲良くならない様にしてきたけど…

思えば本当はきっと、最初から淋しかったのだ。

それを、見ない様にして来ただけ。


そうして、何人かの子とよく話す様になった。

その中でも一番仲良くなったのは、彩乃ちゃん。

彩乃ちゃんは私の1つ下だったけど、私より夜の仕事歴が長く、そして大のホスト好きだった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 19.解禁

    2016/05/25

    そして夏。3ヶ月が経ち、仕事にも慣れた。入店祝い金の...

  2. 以前デリヘルの店長と付き合っていたことがあった私はよく、お客...

  1. ギャンブルで勝ち続けて、生活できたのは一ヶ月くらいだった。当...

  2. そして、私はにゅーくらぶと言うニュージャンル!?のお店のju...

    リアル

    • 424
    • 18

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/25 編集部Pick up!!

  1. がん末期の夫と暮らし精神が病む
  2. 義母に勝手に封書開けられて不快
  3. 結婚予定だが会話ほとんど無い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3