春を愛する人

【2016.7.11完結】自称ひとりぼっちが、ふたりぼっちになるまでの記録。

  • 記事数 332
  • 読者 499
  • 昨日のアクセス数 395

20.麻痺-6

しおりをはさむ

2016/05/27 22:20:12

  • 55
  • 0

そんなことを言いつつ、延長後もしばらくは、結局会話メインの接客になってしまっていた。

とにかく藤田さんは喋るのが好きで、それを私がひたすら聞いてるスタイル。

そして3回目のダウンタイムの時、膝の上で抱き付いて、耳元で聞いてみた。


「なんで私気に入ってもらえたっちゃろ…」

「う~ん…なんか…落ち着く」

「落ち着くん?」

「うん。こういう店って俺が知っとる限りでは、テンション高い子が多いっちゃんね」

「私、低い?」

「低くはないけど、なんか安定しとうよね」

「安定?笑」


私が笑うと、藤田さんが低い声で言った。


「だから逆に、乱れたとこが見たくなったっちゃん 笑」

「何それ~笑」


やり取りもそこそこに、ボタンを外された。

そして、優しく乳首を舐められる。

もう片方の乳首は指で摘まれて、正直、気持ちよかった。


「待って…」

「何?」

「タオル敷きたい」


私は一旦膝を降り、タオルを敷いてからその上に乗った。


「濡れそう?」

「…多分もう濡れとる…」

「濡れやすいと?」

「うん…」


胸を這う舌の動きが、絶妙だった。

相手は客なのに気持ちいいなんて、認めたくない。

だけど、もっとして欲しい…


私は黙って藤田さんの手を取り、ウエットティッシュで念入りに指を拭った。


「え…ここ、下ダメやないと?」

「内緒にしとって…」

「俺だけ…?」

「うん…」


さすがにそんなわけはないけど、触って欲しいと思ったのは本当…

周りにバレない様に膝にまたがったまま、下着をずらすと、スルリと指が滑り込んだ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. もっと触って欲しくて、キスをしながら自分でパジャマのボタンを...

  2. 私はバスタオルを巻いて部屋に戻った。「これ、つけてきて」...

  1. その後もプールサイドを一人で歩かされたり、波のプールで乳首と...

  2. GWの夜

    2014/12/14

    「もっと、何?」「もっと…して(//∇//)」「どう...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/23 編集部Pick up!!

  1. 「彼女と結婚する」と告白した彼
  2. 車庫の前で井戸端会議され困る
  3. 同性生徒に厳しい対応する保険医

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3