春を愛する人

【2016.7.11完結】自称ひとりぼっちが、ふたりぼっちになるまでの記録。

  • 記事数 332
  • 読者 515
  • 昨日のアクセス数 268

2016/05/27 22:13:31

  • 51
  • 0

サービスの方法を変えてから、以前よりはかなり指名を貰える様になった。

ナンバー嬢たちには遠く及ばなかったけど、これで私も少しは時給が上がった。

これまでは指名が少ない分、ドリンクバックで稼いでいる様なものだった。

ある程度酔った方が私は仕事がしやすかっただけで、結果としてそれが収入に繋がってたんだけど…


自分で解禁したサービス内容にもすっかり慣れ、濡れにくい時期は、自分で事前にローションを仕込むまでになっていた。

以前悠人くんとよく行ってた、ラブホテル。

そこで知った、ローションの存在。

遊びで使ったそれは、コンドームと一緒にアメニティとして置いてあった。

アプリケーター付のタンポンと、同じ様な作りになっている。

タンポンを挿入するのと同じ要領で、ローションを中に注入出来る。


ローションを使おうと思った時、真っ先にそれを思い出した。

ネットで検索して、見つけて取り寄せた。

使い捨てだから、衛生的。

トイレでササッと出来るから、時間もかからない。


あれこれ考えてた時より、仕事のストレスはむしろ減った気がする。

ひたすら受身に徹していればいい。

どうせお客さんなんて、私たちを軽く見ているに違いない。

だから私も、お客さんに感情移入なんてしない。

ひたすらお金と割り切って、やり過ごせばいいだけ。

そんな気持ちでしか、接客出来ていなかった。


最初は、サービス自体を苦痛に思ってることもあって、会話の時間を長く取りがちだった。

それもまた大事だって思っていた。

でも、サービスより会話の方が長いなんて、こういう店では地雷嬢でしかない。


会話もそこそこに、エロいムードに持っていく。

慣れてしまえば、そっちの方が楽だった。

多分今の方が、店的には良いセクキャバ嬢。

だけど初期の方が、ちゃんとお客様のことを考えていた気がする。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/7 編集部Pick up!!

  1. 1歳娘が左利き 矯正するか悩む訳
  2. ママ友いないと子が可哀想なのか
  3. 子作りに妻の一言で夫が大激怒

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3