春を愛する人

【2016.7.11完結】自称ひとりぼっちが、ふたりぼっちになるまでの記録。

  • 記事数 332
  • 読者 517
  • 昨日のアクセス数 148

19.解禁-4

しおりをはさむ

2016/05/25 22:47:03

  • 53
  • 0

「えっ?いいん?」

「気持ちよくして…」


客の顔に胸を押し付け、耳元でわざとらしく息を荒げた。

触れ合う股間が、固くなって来るのがわかる。


ダウンタイムが終わって膝から降りると、敷いていたタオルを取って私はわざとらしく呟く。


「あ…よかった…」

「うん?」

「タオルにまで浸みてなくてよかった」

「濡れとるん?」

「少し…」


実際私は、濡れやすい。

それは、悠人くんと付き合ってる頃からそうだった。

時期によって多少ズレはあったが、快感と関係なく濡れることがよくあった。

たとえ感覚自体はそんなに気持ち良くなくても、雰囲気や気持ちがそんな雰囲気なら、簡単に濡れる。

だから、それを利用した。


濡れていると言うと、客は調子に乗って下着の上から下半身を触って来た。


「気持ちいい?」

「うん…」

「直接触りたい」

「でも、もう時間終わっちゃうけん…」


残念そうな顔を作り、客にそう告げる。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「えっ?違っ…!そんなことある訳ないっ…!」「じゃあなん...

  2. (///ω///)♪

    2015/08/03

    触った(///ω///)♪直接。。。始めは下着...

  1. そんなことを言いつつ、延長後もしばらくは、結局会話メインの接...

  2. 仕事帰りに相方さんに駅まで迎えに来てもらって、甘いもの食べに...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/21 編集部Pick up!!

  1. 見知らぬ子が敷地内で遊んでいた
  2. ブランドハンカチに軽蔑の眼差し
  3. ベビーフードダイエットに憤り

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3