春を愛する人

【2016.7.11完結】自称ひとりぼっちが、ふたりぼっちになるまでの記録。

  • 記事数 332
  • 読者 515
  • 昨日のアクセス数 101

18.ストレス-3

しおりをはさむ

2016/05/25 22:43:59

  • 56
  • 0

そしてもうひとつ、分かったこと。

借金を背負って…なんていう理由で働いてる子は、案外少ないということ。

こういう業界はそんな人が多いのかと思っていたが、案外そうではないみたいだ。

情報源はボーイや女の子達の会話だし、その内容だけが全てではないだろうから、本当は借金がある人だっているかもしれないけど。


でも…

ブランドのバッグが欲しいから。

海外旅行に行きたいから。

そんな理由で短期間だけ働いて、すぐに辞めて行く子はかなり多かった。


そして私は昔の様にまた、どこかひねくれた気持ちで彼女達を見ていた。

貴女達は気楽でいいね…って羨ましい反面、贅沢する為だけに身体を売る人間を、きっと心のどこかで見下していたと思う。


私は貴女達とは違う。

ちゃんとした理由があって、お金が必要で働いてる。

私は、娯楽のために身体を売ったりはしない。

仕方なくやってるだけなんだから…って。


私だってもっと、あの子達みたいに人生を謳歌したい。

せっかく稼いだお金、出来るならば好きなことに使ってみたい。

そんな矛盾した思いを抱えて、イライラしてる時は彼女達を憎々しくすら思ったりもした。


私が今ここにいることは、誰のせいでもない。

なのに、やり場のない虚しさを、周りを恨んで妬むことに向けてしまっていたと思う。

自分が辛い思いをしたからといって、その辛さを他人に向けるのは間違っているのに。


よく考えたら、この頃は、仕事で溜まったストレスを全く発散出来ていなかった。

家と店の往復だけ。

お金は必要な分をよけて、返済へ。

休みの日は必要以上に出歩かず、本やテレビで時間を潰した。

そういう小さなストレスの積み重ねが、人を妬む気持ちに繋がっていたのかもしれない。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 会社員+風俗生活時代の私の風俗でのお給料について。私は...

  2. 金銭問題

    2014/01/26

    夫婦の夢は叶わなかった。いつか小さなお店で晴...

  1. お子様を育てることもペットの動物を育てることもどちらも育...

  2. 昨年。妊活の為仕事を辞めた。仕事は好きだった。好きじ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. スーパーのカート押して帰る女性
  2. スーパーで見かけて驚いた家族
  3. 年金受給日前の義母の行動に怒り

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3