春を愛する人

【2016.7.11完結】自称ひとりぼっちが、ふたりぼっちになるまでの記録。

  • 記事数 332
  • 読者 516
  • 昨日のアクセス数 37

16.講習-5

しおりをはさむ

2016/05/19 20:56:13

  • 69
  • 0

「今日はゴムしたけど、お客さんつく時はゴムないけん」


涼しい顔でコンドームを外しながら、男が言った。


「え!ないんですか?!」


うがいをしつつ、私は半分叫ぶ様に言った。


「生の口内発射が基本やね。お客さんが発射したら、席に箱ティッシュあるからそれに出して台の下のゴミ箱に捨てて。ティッシュに出す時は、お客さんに見えん様にね」

「…お風呂なしで拭いただけで生ですか…」


考えが甘いと言われそうだけど、それはどうしても抵抗があった。

悠人くんでさえ、シャワー浴びてからじゃなきゃ嫌だった。

だから会う日は必ず、お互いお風呂を済ませてからみたいな、暗黙の決まりがあった。


「うん。この辺りの店はみんなそうやないかいな?ゴムフェラすんのは、多分ボッタクリの店くらいばい」

「ボッタクリ…?」

「7000円で抜けま〜す!って客引いて来て、いざ入ったら手コキだけ!みたいな。ゴムフェラでいくら、生ならいくらって女の子が交渉して上乗せしてく店」

「怖い人が出て来るやつですか…」

「出て来る店もある。まぁ今はだいぶ厳しいけんね。…どう?出来そう?」

「……」

「無理か?」

「ちょっと…衛生面に抵抗が…」

「そっか~じゃあしょうがない、あとはランパブとセクキャバやね、うちにあるのは」


案外あっさり引き下がったから、ほっとした。


「普通のキャバクラは…」

「キャバクラは言うほど稼げんばい。ビジュアルと喋りが勝負やし」


私が黙ると、男は慌てて言った。


「いや、ビジュアルが悪いとは思わんよ?あんま喋るの得意やなさそうやけんさ」


まぁ、どっちから見ても不向きってことか…

自分がいかにこの業界を甘く見ていたかを痛感した。


「…ランパブとセクキャバってどう違うんですか?」

「ランパブは、キャバクラの服装が下着。お触りとかはなし。セクキャバは衣装は店によりけり…うちはノーブラにYシャツ1枚やね。こっちはキスとお触りはあり」

「セクキャバの方が…お給料いいんですよねやっぱり…」

「当然!」


とりあえずこの両者も、お店を見せてもらうことにした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/4 編集部Pick up!!

  1. 誕生日に元彼からケーキが届いた
  2. 未婚に祝ってほしい新婚女性
  3. 不妊治療する人は金持ち多いのか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3