春を愛する人

【2016.7.11完結】自称ひとりぼっちが、ふたりぼっちになるまでの記録。

  • 記事数 332
  • 読者 504
  • 昨日のアクセス数 79

2016/05/19 20:43:30

  • 53
  • 0

歓楽街の裏手に入り、少し歩いたところ。

階段を上がり、男がいかにも裏口って感じの地味なドアを開く。

店のBGMなのか、やかましい音楽が聞こえてくる。

ちょっとうるさくない…?

そう思いながら着いて行くと、事務所らしき部屋があった。


ぱっと見はよくある会議室みたいなのに、周りを見渡すと、女の子のコスチュームらしきものが何枚か吊るされている。

風俗雑誌の様なものがあったり、名前の印字されていない空の名刺の様なものがあったり…

いくつかあるパイプ椅子の1つに座る様に言われ、私が腰掛けると、男は言った。


「どれくらい稼ぎたいと?」

「ちょっと見当つかなくて…多いなら多い方がいいですけど…」

「どれくらい頑張れる?」

「めちゃくちゃ頑張ります!」


男の言う「頑張る」の意味が分からなかった私は、言葉通りに受け止めて返事をした。


「身体、張れると?」

「え…?」

「本番までやれるとやったら、うちにはそういう店がないけん、別の店紹介することになるっちゃけど…」

「本番…って…」


もしかして…


「とりあえず…説明するより見てもらった方が早いけん」


そう言って、男はリモコンを手に取った。


私は頷いて、向かいにあるテレビの画面に目を凝らした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 裏口のすぐ真横に店があり店の前には大きな看板が立て掛け...

  2. ときめき女学園に来て10日位が過ぎた時同じビルの下の階...

  1. 日記より…10月24チョーきもい男来た…手コキだったけ...

  2. 25歳

    2016/04/04

    私は店で待機席に座っていた1人のお客さんがフリーで入...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

4/30 編集部Pick up!!

  1. 中2の娘に恋人できて心配する親
  2. 義父に対して一生消えない恨み
  3. 母の「呪いの言葉」が全て現実に

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3