元風俗嬢の体験ブログ

元風俗嬢の仕事・恋愛・事件・病気…etc

  • 記事数 112
  • 読者 175
  • 昨日のアクセス数 29

風俗を辞めて。その3別離編4完結

しおりをはさむ

2016/05/19 09:51:21

  • 37
  • 6

病名を告げた先生が、病気の説明を
してくれた。
『単極性鬱病は、中井さんも分かるよね?
気分が沈みっぱなしになる病気。
衝動制御障害は、衝動を自分で
コントロール出来なくなって、
自傷行為や暴力、暴言、破壊行為を
繰り返しちゃう病気。
中井さんの場合、最初に単極性鬱病に
なった段階で、かなり強い抗うつ薬を
服用させられたから、その副作用で
衝動制御障害になったんだと思う。
その後も、統合失調症なんかの強い薬を
服用する事によって、衝動制御障害の
症状が、悪化した。
薬には相性があるからね。
単極性鬱病と衝動制御障害は全く症状が
異なる病気だから、薬も相性の
良いものを服用しないと症状が
悪化しちゃうんだよ』

先生の説明は、とても分かり易かった。
病気の事は分かった。
でも、一番気になるのは、それが
治るかどうかだ。

『それで、先生。私、治るんですか?
退院出来るんですか?』
私の質問に、先生が笑った。

『治るよ。時間は少しかかるけどね。
衝動制御障害は、既に快方に
向かってる。単極性鬱病も、
大分、落ち着いてるし、退院は、
そうだな……あと1ヶ月くらいかな』

先生の言葉に、涙が溢れ出した。
私、治るんだ……今度こそ、本当に
治るんだ……
涙は、なかなか止まらなかった。


それから1ヶ月。
ついに退院の許可が出た。
迎えに来るのは社長かなぁ。
ちょっと気まずいなぁ……

そんな私の予想を裏切って、
迎えに来たのは、なんと妹だった。
身内でないと、引渡しは出来ないらしい。
妹は、私の顔を見た途端、泣き出した。

『お姉ちゃん、お見舞にも来なくて
ごめんね。私、お姉ちゃんに会うのが
怖くて……でも、今日は勇気を
振り絞って、来て良かった………』

『わざわざ、奈良から来てくれて
ありがとう。感謝してる。あのさ、
社長……村田さんは?』

『あ、今、外で待ってもらってる。
村田さんから、捜索願の知らせが
来た時は、焦ったよー。でも、
お姉ちゃんが、見つかって良かった!』

『心配かけて、ごめんね』

社長、来てるのか……どんな顔して
会えばいいんだろう……
私が逡巡していると、妹が聞いた。

『お姉ちゃん、これからどうする?
村田さんと住むの?』

『ううん。実家に帰ろうと思ってる』

『そっか。じゃあ、実家から通える
範囲内の病院に、先生から紹介状
書いてもらおう』
しばらく会わない間に、妹はずいぶん
しっかりしていた。あの、お姑さんに
ビシビシ鍛えられたんだろう。

そこに、すっかり親しくなった、
女性の研修医さんがやってきた。

『中井さん。先生から、お話があります。
妹さんと一緒に来てください』
私は妹と一緒に、先生の元に向かった。
診察室に入ると、先生に、今後の生活に
ついて聞かれた。
私は、実家に帰って静養すると答えた。
ついては、実家から通える範囲内の
病院を紹介して欲しいと、お願いした。
先生は、ちょっと難色を示した。

『うーん、いきなり一人暮らしかぁ。
少し心配だね』
すると、妹が意外な申し出をした。

『私が1ヶ月、姉と一緒に暮らします。
それで無理そうだったら、姉を
奈良に連れて行きます』

えっ!?私が奈良に!?
驚く私をスルーして、先生は、
『うん。それなら安心かな』
と言って、妹の申し出に賛成した。
そして、実家の近くにある病院に
紹介状を書いてくれた。

先生にお礼を言って、診察室を
後にする。

『ちょっと美央!1ヶ月も私と
暮らすって、大丈夫なの!?
それに、私を奈良に連れて行くって…』
慌てる私に、妹が笑った。

『大丈夫。全部お義母さんの提案なの。
愛理も一緒だけど、いいかな?』
妹は、姪っ子も連れて来てるらしい。

『勿論いいけど、幼稚園は?』

『長期休暇願、出せば大丈夫』
色々、驚いたが、とりあえず精算をして、
私は3ヶ月ぶりに外に出た。

しばらく歩くと、社長の姿が見えた。
社長は、愛理の相手をしていた。
私と妹に気付くと、愛理の手を引いて、
こちらにツカツカと歩み寄ってきた。

私の目の前まで来た社長は、
愛理を妹に返すと、私の頬をパチンと
叩いた。そして、

『どれだけ心配したと思ってるんだ』
押し殺した声で言う。

『すいません、社長…私……』
社長の顔を、まともに見ることすら
出来ずに謝る私を、今度はフワリと
抱き締めた。

『無事で良かった……病気もずいぶん
回復したんだってね』
優しい声。私は、社長にしがみついて
泣いた。
すると、愛理がトコトコ寄ってきて、

『おねえちゃん、なんで泣いてるの?
おじちゃんに、イジメられたの?』
と、聞いてきた。
私は社長から離れてしゃがむと、

『お姉ちゃんはね、とっても悪い事して
おじちゃんに叱られちゃったんだ』
私の言葉に、愛理は頷いた。

『さて。そろそろ行こうか。行き先は
美羽ちゃんの実家でいいのかな?』
社長が言った。どうやら、社長と妹の
間では、話がついているらしい。

『はい。社長、長いことお世話に
なりました。心から感謝してます』
私は、社長に頭を下げると、妹達と
車に乗り込んだ。

ずいぶん久しぶりに帰る実家は、
とても古ぼけて見えた。
電気と水道とガスは、使えるように
妹が手配しておいてくれた。

社長は、私達を送り届けると、
私の荷物を運び込んで、そのまま
踵を返した。

『社長!もう帰っちゃうんですか?』
私は思わず、呼び止めた。

『美羽ちゃん。長居すると別れが
辛くなっちゃうじゃないか。
美羽ちゃんには、美央ちゃんがいる。
俺のところは、もう卒業。
さよなら、美羽ちゃん』
社長との別れは辛かった。
でも、これ以上、社長に甘える訳には
いかない。私は溢れそうになる涙を
必死で堪えた。

『社長!今まで本当に
ありがとうございました!
ご迷惑ばっかりかけちゃって、
申し訳ありませんでした!』

言いたいことは、いっぱいあったが、
涙が溢れそうで、それ以上は
言葉にならなかった。
クラクションが2回。
走り去る車を見送って、私は泣き崩れた。


別離編完結です。
次回【約束】です♪
幸せは、もうすぐ(*˘︶˘*).。.:*♡ 

byナギサ

同じテーマの記事

コメント6

しおりをはさむ

  1. 美羽さん(88歳)ID:3998788・05/20

    メロディさん♡♡
    コメントありがとうございます😊✨
    本当に、色々ありました……
    でも、色んな事を乗り越えて
    今の私がいるんだと思います
    (*´︶`*).。.:*♡

    いつも見守って下さって、感謝です
    ❤✨✨

  2. メロディさん(50歳)ID:3998577・05/20

    いろんな事がありましたね
    次からhappyモードに突入なんですね 楽しみにしてます(*^^*)❤️

  3. 美羽さん(88歳)ID:3990207・05/19

    リカさん❤
    こんばんは(*´▽`)ノノ

    辛い記事を書くのは、しんどかった
    けれど、その先にある幸せを
    見つめていたので、書き続ける
    ことが出来ました❀(*´v`*)❀

    妹の変わりようには、私もびっくり
    (๑°ㅁ°๑)‼✧
    リカさんの言う通り、お姑さん
    パワーのおかげでしょう。笑

    社長は、これっきりじゃないですよ
    笑(ˊᗜˋ*)♡
    ちょっとしたサプライズもありますので
    お楽しみに*˙︶˙*)ノ"♡

もっと見る

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 職場の結婚祝いに戸惑う女性
  2. 夫と同棲する女性に慰謝料請求
  3. 出張先の彼からのLINEで思わず涙

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3