元風俗嬢の体験ブログ

元風俗嬢の仕事・恋愛・事件・病気…etc

  • 記事数 112
  • 読者 175
  • 昨日のアクセス数 61

風俗を辞めて。その2闘病編2

しおりをはさむ

2016/05/14 13:18:35

  • 30
  • 2

ユウキくんがネットで病院を調べ、
今度は心療内科ではなく、
本格的な精神病院で診察を受ける事にした。
しかし、めぼしい病院はどこも
予約が取れず、最短でも半月は待たねば
ならない状況だった。
仕方なく、半月後に予約を入れ、
それまでは、今までの心療内科に
通う事になった。

予約を待つ半月の間に、私の奇行は
エスカレートしていき、今度は
自傷行為が始まった。
カッターや包丁で自分の体を切りつけ、
煙草の火を押し付ける。
私は血を見る事で安心し、痛みを
感じる事で安定した気分になった。

ユウキくんがカッターや包丁等を
隠しても、ガラスを割り、その破片で
また自傷行為を繰り返す。

ユウキくんへの暴言や小さな暴力は
日常化し、心配して電話をくれた
友達にまで暴言を吐き、突然、妹に
電話をかけては、聞くに耐えない
罵詈雑言を浴びせかけた。
社長やリンさんにまで暴言を吐いて、
気にいらない事があると暴れる。
その状態が過ぎると、今度は鬱状態になり
延々と寝込んだ。

仕事をしながら私の面倒をみる事に
限界を感じたらしいユウキくんは、
店を長期休暇する決断をしてくれた。

そうして、ようやく半月が過ぎ、
私は精神病院で診察を受けた。
そこで、私に下された診断結果は、
統合失調症というものだった。

『抗うつ薬を服用しても、治らない
病気です。自傷行為や暴言、
破壊行為は、抗うつ薬の副作用だと
考えられます』
医者の言葉に、私は愕然とした。
今までの治療は、全て無駄だった?
病気を悪化させただけ?

『それで先生。病気は治るんですか?』
ユウキくんが、医者に聞いた。

『重篤な精神疾患ですが、適切な治療と
薬の服用で、完治は可能です』

治るのか……私は心からホッとした。

『症状は、どれくらいで治まりますか?』
ユウキくんが、重ねて質問した。

『個人差はありますが、2週間前後で
症状は治まってくると思います。
但し、完治するには時間がかかる
病気なので、焦らず治療しましょう』

医者の言葉に希望を見出し、
私とユウキくんは帰宅の途についた。


新たな病院で治療を始めて2週間。
確かに、自傷行為や破壊行為、
暴言や暴力は多少、減ってきた。
しかし、今度は鬱状態が続き、
私は寝たきりになってしまった。
抗うつ薬を減らしたせいか、
離脱症状に似た状態にも陥った。
食事も殆ど食べられない為、
私は見る間に、やせ細った。

お見舞いに来てくれた
社長とリンさんは、廃人のような
私の姿を見て、涙を零した。

ユウキくんも、ずいぶん痩せてしまった。
私は、自傷行為や攻撃的行為を
している時の記憶は曖昧だ。
鬱状態の時の記憶は、殆ど欠如している。
それ等を受け止めているユウキくんの方が
余程、辛かっただろう。

ユウキくんを心配した社長が、
手助けを申し出てくれたが、ユウキくんは
気丈にも、それを断った。
私の面倒は、全て自分がみるという、
ユウキくんの決意は固かった。

あまりにも鬱状態が長期間続くため、
ユウキくんが医者に不安を訴えた。

『こんなに長く鬱状態になったのは
初めてです。自傷行為や攻撃的
言動も、少なくなったというより
鬱状態が酷すぎて出来ない、といった
感じです。食事も殆どしませんし、
このままで大丈夫なんでしょうか?』
医者は廃人のようになってしまった
私を見て、首を捻った。

『うーん、減薬が早すぎたのかも
しれません。少し薬を増やしましょう』
医者に言われ、大量の薬が処方された。

新たに追加された薬を飲むようになって、
私は、ようやく鬱状態から抜けた。
だが、動けるようになると、また
攻撃的行為が再発した。

私の攻撃のターゲットは、傍にいる
ユウキくんと、因縁のある妹だった。
突然、怒りの衝動に駆られると、
妹に電話をかけ、暴言を喚き散らす。

『お前なんか死ねばいいのに』
『私が出した金を今すぐ返せ』
『私が病気になったのは、お前のせいだ。
責任取れ』
『ガキと一緒に心中しろ』

他にも、聞くに耐えない暴言の数々を
妹にぶつけた。
ユウキくんから、私の病気の事を
聞いていて、私に負い目のある妹は、
私の暴言に、ひたすら耐えた。

ユウキくんは、私が妹に電話して
暴言を吐いている事に気付くと、
私から電話を取り上げ、妹に詫びて
電話を切った。
すると、私の怒りの矛先は、
ユウキくんになる。
手当たりしだいに物を投げつけ、
時には殴る蹴るといった暴力を振るう。
暴言や罵詈雑言も、勿論、喚いた。

『クズホスト』
『淫乱男』
『銭ゲバ野郎』
『偽善者』
『女を騙して金を巻き上げる最低男』

他にも散々、言ったらしいのだが、
記憶が曖昧で、よく覚えていない。

散々、喚き散らして暴れた後は、
電池が切れたように、眠った。
そして、また鬱状態に陥る。
鬱状態から抜けると、暴れだす。
それが延々と繰り返された。

私の腕は、自傷行為で傷だらけだった。
自傷行為に必要な、刃物や煙草を
隠されると、今度は髪の毛を
引き抜いたり、痣になるまで壁を
殴ったりした。
暴れる私を、ユウキくんが抑える。
時には格闘状態になり、2人とも
生傷が絶えなかった。

見かねた医者から、ついに入院を
告げられた。
トイレとベットしかない病室に入れられ、
私はベットに拘束された。
全く身動きが取れず、寝返りすら
打てない。トイレの使用も許されず、
大人用オムツを履かされた。
ナースコールは無く、オムツの交換等、
用がある時は、大声で看護師を
呼ばねばならない。

そんな状態の私を見たユウキくんは、
医者に退院出来るよう、懇願した。
しかし、それは一蹴され、私は結局
1ヶ月の入院を余儀なくされた。

入院していた時の記憶は殆どない。
眠ってばかりいたような気がする。
食欲増進剤を投与されたのか、
1日3度の食事はきちんと食べた。

そして1ヶ月後。
私は、ようやく退院を許可された。
退院の日。
迎えに来てくれたユウキくんは、
私を抱き締めて泣いた。
私も、ユウキくんに抱きついて泣いた。

久しぶりに家に戻った私は、
大分、落ち着きを取り戻していた。
一見、私の病気は回復したように
見えた。私自身、そう感じていたし、
ユウキくんも喜んでいた。

しかし。
それは束の間の、まやかしだった。
病魔は、まだ私の中に潜んでいた。


今回は、ここまでです♪
辛いお話で、すいません🙇💦💦
私も書いてて辛いです😢

byナギサ

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. 美羽さん(88歳)ID:3933464・05/14

    リカさ~ん♡♡
    ほんと、闘病編は書いてて辛いので、
    ちょっと早めに切り上げる予定です。

    ユウキくんには、本当に感謝してます。

    こちらこそ、いつも読んで頂いて
    ありがとうございます*˙︶˙*)ノ"♡

  2. リカさん(35歳)ID:3931736・05/14

    ナギサさん、大丈夫??>_<
    書いてて辛い、って…>_<
    そりゃそうだよねっ
    私は読ませて貰うだけだけど、
    でも、やっぱりそんな私でも辛くなっちゃいました
    ナギサさんが今幸せに暮らしてるって
    前にお知らせしてくれたからどうにか平常心!

    ユウキくん、凄い人だねっ!
    私、社長派だったけど
    ナギサさんが一番きつかった時に一緒に戦ってたユウキくんがやっぱりNo,1だと思いました ✧*。

    まだまだ病気で苦しい場面よね?💦
    どうか無理せず進めて下さいねっ!!
    いつも読ませてもらってありがとうです
    (*´˘`*)♡

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/6 編集部Pick up!!

  1. おすそ分け求めて来た友人に唖然
  2. 「理想の男性は父」彼をつい比較
  3. 愛が一気に冷めた「夫の発言」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3