元風俗嬢の体験ブログ

元風俗嬢の仕事・恋愛・事件・病気…etc

  • 記事数 112
  • 読者 175
  • 昨日のアクセス数 34

風俗を辞めて。その1別れ編9完結

しおりをはさむ

2016/05/12 09:31:49

  • 39
  • 2

姑に一喝された妹は、テーブルに
突っ伏して泣き出した。
そんな妹を尻目に、ユウキくんは
更に続けた。

『生活費やホスピス代だけじゃ
ありませんよ。入院費を払ってたのも
美羽です。もっと言えば、
亡くなられたお母さんの抱えていた
巨額の借金も、美羽が1人で全額
返済しました。美羽は確かに、
亡くなられたお母さんの世話は
直接していません。ですが、お金の
事は、全て美羽が負担しました。
美央さんが、実の母親の世話を
するのは、ある意味、当然では
ないでしょうか?』

姑は更に顔を真っ赤にして、
唇をワナワナと震わせ、妹に怒鳴った。

『美央さん!泣いてないで、きちんと
説明してちょうだい!
私達が聞いていた話と、全然
違うじゃないの!!』

妹は、涙でぐしゃぐしゃになった
顔を上げ、姑に謝り始めた。

『お義母さん、すいません!
私、どうしても早く、濱田家の
一人前の嫁だと、お義母さんや
お義父さんに認めて欲しくて、
つい、見栄を張ってしまいました。
私、女の子しか産めなくて、
それだけでも肩身が狭いのに、
母の事で迷惑をかけるなんて、
とてもじゃないけど出来なくて……
姉に頼った事も、恥ずかしくて
言えませんでした……
小原さんが言った事は、全部
事実です。私は、貯金なんて
ありませんでしたし、母の為に
お金を出していたのは、全て姉です。
嘘を吐いて、本当に申し訳ありません
でした!』
妹は、平身低頭で、姑に謝り続けた。
姑は、言葉も発せず呆然としている。

『美央さん。あなた、まだ、お義母さんに
嘘を吐いてる事があるよね?』
ユウキくんが、妹に詰め寄った。
妹は体をビクリとさせ、ユウキくんを見た。
ユウキくんも、妹を見る。
妹は観念したように、喋り始めた。

『私、お義母さんに、姉は借金して
一時期行方不明になって、それが
理由で、姉と疎遠になったと
話していました。姉が母の葬儀に
参列しないのも、そのせいだと。
でも、本当は違います。一時期、
姉と連絡が取れなくなったのは
本当ですが、それは、姉が母の借金を
返す為でした。姉が母の葬儀に
参列出来なかったのも、
姉は大怪我をして、静養中だったので、
ドクターストップがかかったからです』

妹の告白に、真っ赤だった姑の顔が、
今度は青ざめてきた。

『美央さん、あなた、何でそんな嘘を…』

『母の抱えていた借金の事を、
お義母さん達に知られたくなかった
からです。姉に全て押し付けた事も
知られたくありませんでした。
私は実家の事で、お義母さん達には
嘘ばかり吐いていました。
本当に申し訳ないと思っています……』
妹は、再び姑に謝り続けた。
すると姑が、

『美央さん。あなた、謝る相手が
違うでしょう!』
と、言った。
不思議そうな顔をする妹を睨みつけて、
姑は言葉を継いだ。

『あなたが謝るべき相手は、私じゃない。
お姉さんでしょう!
何を勘違いしてるの!』
姑の言葉に、妹は、ハッとした顔をした。
そして、私の方を向くと、

『お姉ちゃん、ごめんなさい!今まで
何でもかんでも、お姉ちゃんに
頼って、挙句に、お姉ちゃんを
悪者にして……私、馬鹿だから、
お義母さんに言われるまで、
お姉ちゃんに謝らなきゃいけないって
気付かなかった。本当に、本当に
ごめんなさい!』
妹に、こんなに謝られたのは、
生まれて初めてかもしれない。
私は驚いて、言葉が出てこなかった。

『美羽さん。私達の勘違いで、
失礼な事を言ってしまって、
申し訳ありませんでした。
美羽さん1人で御苦労なさって、
さぞかし、お辛かったでしょう。
美央さんは、もう濱田家の人間です。
これからは私が、責任持って性根から
叩き直しますので、許してやって
下さい』
姑に頭を下げられ、私は慌てた。

『あの、もう済んだことですから。
不束な妹ですが、これからも
宜しくお願い致します』
私も姑に頭を下げた。姑はニッコリ笑って、

『美央さんのお姉さんが、あなたで
良かった。東京まで来た甲斐が
ありました。パートナーの小原さんも
素敵な方ですね。御苦労なさった分、
お幸せになって下さい。
美央さんの事は、もう全面的に
私共にお任せ下さい。
本日は、急にお訪ねして、失礼
致しました。そろそろ、お暇致します』

そう言って、姑は妹を促して席を立った。
そして、

『これ、つまらない物ですが、どうぞ
おふたりで召し上がって下さい』
と、手土産を差し出した。

『お気を遣わせて、申し訳ありません。
ありがとうございます』
遠慮するのも何なので、素直に頂いた。

『それでは、失礼致します』
姑が丁寧にお辞儀して、出て行った。

『小原さん。お姉ちゃんのこと、
宜しくお願いしますね。じゃ、
お姉ちゃん、色々ありがとう』
妹も丁寧にお辞儀して、姑の後を
追いかけた。

2人を見送ってリビングに戻ると、
『いい姑さんだな』
と、ユウキくんが言った。

『うん。あの人がついてれば、私も
安心。なんか、娘を嫁に出した
親の気分になっちゃった』

『寂しい?』
顔を覗き込んでくるユウキくんに、
私は首を振った。

『寧ろ、ホッとしてる。私、やっと
自由になれたんだもん』

『そっか。美羽には俺がいるしね』
ユウキくんは、妙に嬉しそうだ。

『あ。お土産開けてみよっか』
私の提案に、ユウキくんものった。
綺麗な包装紙を丁寧に剥がすと、
中から、奈良名物「柿の葉寿司」が
出てきた。寿司大好きのユウキくんは、
大喜び。東京だと、お取り寄せでしか
買えないから、余計に嬉しいらしい🍣

夕飯まで、まだ時間があったが、
ユウキくんが煩いので、戴くことにした。
ユウキくんは、あっという間に
平らげて、ご満悦。
束の間の平和な時間。私は久々に
幸せを感じる事が出来た。


別れ編完結です♪
次回から、闘病編スタートです٩(ˊᗜˋ*)و

byナギサ

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. 美羽さん(88歳)ID:3906490・05/12

    ジュリアンさ~ん❤✨
    そうなんです。お姑さん、実は
    良い人だったんですよ~(*'▽'*)♪
    まぁ、甘ったれな妹には、
    怖いお姑さんでしょうけどね。笑

    妹は、闘病編で私が散々な目に
    あわせてしまうので、痛み分けかな~
    (⌒-⌒; )

    ユウキくんは、ホストを辞める……
    というか、何というか……💦💦
    そこはネタバレになるので、
    ちょっと伏せます🙇💦

    闘病編は、辛い話が多いですが、
    お付き合い頂ければ嬉しいですっ
    *˙︶˙*)ノ"♡

  2. ジュリアンさん(40歳)ID:3905524・05/12

    姑さん良い人だったのね~( ̄▽ ̄;)
    謝る相手が違う、にはスッキリしました!
    妹についてはなんかまだスッキリしないけどね。

    しかしユウキくんって頼れる男だよな~

    ホストはそろそろ辞めるよね…?

関連するブログ記事

  1. それから、1ヶ月も経たないうちに、母は帰らぬ人となった。...

  2. 病名を告げた先生が、病気の説明をしてくれた。『単極性鬱病...

  1. いろいろ疲れてたのかもしれない。私の長女への気持ち、...

  2. 義母は悪い人ではない…と思っていた。本家に嫁ぎ、舅姑から...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 義弟嫁が妊娠しお下がりを催促
  2. 浮気疑惑と夫の発言で虚しくなる
  3. 彼に退職金の700万使い込まれた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3