元風俗嬢の体験ブログ

元風俗嬢の仕事・恋愛・事件・病気…etc

  • 記事数 112
  • 読者 176
  • 昨日のアクセス数 29

風俗を辞めて。その1別れ編6

しおりをはさむ

2016/05/09 09:32:08

  • 28
  • 10

風俗嬢ナギサになった日。
私は6万弱のお金を手にした。
翌日の日曜も出勤して、
私は2日合わせて10万ちょっと
稼ぐ事が出来た。
稼いだお金は、すぐに借金に回す。
放置していたら、利息が膨らむばかりだ。

翌、月曜日。
母から、危ないところの借金を全額
返済したと連絡が入った。
領収書も、きちんと収入印紙付きの
ものを貰えたらしい。
『もうね、お金をバーンって叩きつけて
やったわよ!』
母は、借金を自力で返したかのように
はしゃいでいた。

我が母親ながら、その甘さと脳天気さに
心底ウンザリした。

お母さん。あなたの娘は、あなたの為に
風俗嬢になったんですよ。

心で呟く。声に出して言えたら、どんなに
スッキリするだろう。

『お母さん。言っとくけど、借金は
まだ残ってるんだからね』
とりあえず、釘を刺す。

『分かってるわよ。でも、チャイムの音や
電話に怯える毎日から開放されたのが
嬉しくて♪』

結局、母は私に礼を言うこともなく、
ただはしゃいで、電話を切った。
電話を切った後、情けなくて涙が出た。


会社と風俗の掛け持ちをして、
半年が過ぎた。
それまで、週末は殆ど順ちゃんと
一緒だったが、母の病気を理由に、
誘いを断るようになった。
何度も別れを告げようとしたが、
顔を見ると、言えなくなる。
でも、もう限界は見えていた。

半年間、休み無しで働き、心身共に
ボロボロになった。
でも、倒れる訳にはいかない。
会社を辞め、順ちゃんと別れるのは
身を裂かれるように辛かったが、
私は風俗1本で働く事に決めた。

ボーナスを貰って1ヶ月後。
私は辞表を提出し、順ちゃんに
別れを告げた。
この時ほど、母と妹を恨んだ事はない。

学生の頃から憧れていた会社。
やりがいのある仕事。
そして、順ちゃん…………

何故、私だけが、こんなにも大きな
代償を払わなければならないのか?
一体、私が何をしたというのだろう?
幾ら考えても、答えは出なかった。


風俗1本で働くようになってから、
私はガムシャラに頑張った。
ただ利息を返すだけでは元金が
減らないので、1ヶ月ごとに
まとまった金額で返済をした。


そんなある日。
妹から連絡があった。
順ちゃんと別れた時に、携帯も家電も
番号を変えて、妹にも母にも
教えてなかったのに、何で?

妹に事情を聞くと、順ちゃんが
半狂乱になって、私の行方を探しに
奈良まで来たという。
その時に、私が会社を辞めた事を知った。
そこで、妹とも親しかった私の親友に
連絡を取り、半ば強引に私の携帯番号を
聞き出したらしい。

妹は詰問口調で、なぜ会社を辞めて
姿を消したのか聞いてきた。
私は、会社の給料だけでは借金の返済と
母の生活を支えるのが苦しくなり、
より稼げる仕事に転職し、
順ちゃんとは別れ話が拗れ、
姿を消さざるを得なかったと、答えた。

妹は憤慨した様子で
『それならそれで、連絡くらいしてよ!
こっちは突然、市村さんに
乗り込まれて凄い迷惑だったし、
お姉ちゃんが借金から逃げたと思って
焦ったじゃない!こっちにはこっちの
生活があるんだから、面倒な事に
巻き込むの止めてよね!』
と、怒鳴った。
その時。私の中で堪えていたものが
プチっとキレた。

『アンタ、何もしてないクセに、よくも
そこまで言えるね。私は今、風俗で
働いてる。順ちゃんと別れたのも、
そのせい。普通の仕事じゃ到底、借金
払いきれないし、お母さんの援助だって
出来ない。私は、どん底まで落ちて、
それでも頑張ってるんだよ!
それに比べて、アンタは何?
呑気に専業主婦して、子育て?
ふざけんな!』
私の剣幕に、妹は押し黙った。
私は、更に言葉を重ねる。

『何かと言っちゃ、私は結婚してるから、
って逃げて。結婚してるから、何?
人間、死ぬ気になれば、何だって
出来るんだよ!私に偉そうなこと
言うんなら、アンタが離婚して
風俗で働いて、借金返しなさいよ!』
私は、泣きながら叫んだ。

『お姉ちゃん、ご、ごめんなさい……
私、何も分かってなかったから……』
絞り出すように話す妹の声は震えていた。

『分かってなかった?アンタ、今更
何言ってんの?そもそも、アンタが
お母さんと家に来て、借金問題
丸投げしたんじゃない!』

『そ、そうじゃなくて、風俗のこととか…』
まだ声を震わせて、妹が言った。

『簡単に言えるわけないじゃない!
もういい。アンタには二度と
会いたくないし、声も聞きたくない。
借金は、ちゃんと返すからご心配なく』
一方的に言って、私は電話を切った。

それから数時間後。
今度は母から連絡が入った。
妹が報告したんだろう。
電話に出たら、母が開口一番、

『お姉ちゃん!会社辞めて、風俗で
働いてるって、本当なの!?』
と、聞いてきた。

『本当だよ。そうしなきゃ、借金
返せないし』
私は淡々と答えた。

『そんな……お姉ちゃんの会社、お給料
良かったじゃない。何も、会社辞めて
風俗なんかで働かなくても……』

『あのさ、お母さん。自分の借金の
総額、いくらあるか分かってる?
生活費も、家賃含めて、毎月15万は
渡してるよね?それ、普通の会社員が
払えると思う?こうなったのは
誰のせい?』

『お母さんだけど……でも風俗は……』

『じゃあ、どうすればいいっていうのよ!』
私は激昴して叫んだ。

『それは……』
母が口ごもる。

『そもそも、お母さんが変な男を
連れ込んで、口車に乗せられたから、
こんな事になったんじゃない!
いっつも自分の都合で人を利用して!
いい加減にしてよ!』
私が怒鳴ると、母は泣き出した。

『そうよね…お母さんが全部悪いのよ。
お姉ちゃんも美央も、悪くない。
だから、あんまり美央を責めないで。
あの子、電話で泣いてた。
あの子はあの子で、向こうのご両親と
同居で苦労してるの。察してやって…』
私は、母の言葉を途中で遮った。

『美央の苦労なんて、どうでもいい!
借金は返すけど、私はもう、
家族なんていらない。二度と連絡して
こないで』

その日、私は家族と決別した。


(。・・)ノ゙ see you♡*

byナギサ

同じテーマの記事

コメント10

しおりをはさむ

  1. 美羽さん(88歳)ID:3880241・05/10

    エヴェリーナさん
    はじめまして(*´▽`)ノノ
    コメント、ありがとうございますっ
    \(*ˊᗜˋ*)/♡

    そして、私の為に泣いて下さって、
    ありがとうございます(/_;)
    ほんと、人生色々ですが、
    今は、何とか幸せに生きてます(*´︶`*)ฅ♡

    これからも更新頑張りますので、
    お付き合い下さいませ*˙︶˙*)ノ"♡

  2. エヴェリーナさん(30歳)ID:3880220・05/10

    初めましてナギサさん!
    毎回、とても楽しみに読んでます。

    人生色々ありますが、今回は、悲しくて悔しくて‥言葉がありません。涙がとまりませんでした。

    これから先、ナギサさんには幸せと幸運しかないように!心から願ってます。

    そして、続き楽しみにしてます!

  3. 美羽さん(88歳)ID:3870986・05/09

    リカさ〜ん
    私の痛みを分かってくれて、
    ありがとうございます。゚(゚´Д`゚)゚。

    リカさんのコメントには、
    いつも癒されて、感謝してます❀(*´v`*)❀

    読み応えたっぷりなんて
    照れちゃいますが、(o´艸`)
    これからも、更新頑張りますね!
    ✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

もっと見る

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/3 編集部Pick up!!

  1. 不妊治療で妊娠やっと報告できる
  2. 「小児科の予約制度」にモヤモヤ
  3. 休み月6日 月給13万円 賞与なし

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3