ブログランキング16

しのぶ

本当の愛は、与えるものでした。

  • 記事数 1040
  • 読者 1175
  • 昨日のアクセス数 21769

39 親睦会

しおりをはさむ

2016/04/14 15:27:38

  • 106
  • 0

週末までは特に問題もなく、仕事も滞ることなく、それなら責任者もいらないじゃん、なんて思っていた。
庶務のおじさんに面倒を掛けるのも嫌だというのは私だけではないらしい。

雰囲気的には和気あいあいかな。総勢で30人足らず、それでもここでもたつくと決済が上がらなくなる。
事が起きた時、適切な判断で指導してくれる人はやっぱり必要かもしれない。
広田、よくやってたじゃん。私以外にはね。

デスクを整理していると健人に声をかけられた。

『おう、行くぞ。』

『私、パス。』

『バカ、最初から目立つことするなって。
顔合わせだぞ。人並みにしろよ。』

『興味ないし。』

『そう言う問題じゃねえよ。仕事のうちだ。ホラ行くぞ。』

『パスにしてある。』

『俺が直しといた。嫌なら酔いが回ってきた頃に抜ければいい。』

勝手な事をと思いながら一理あると、ついていくことにした。

最近増えたチェーン店の居酒屋。
なんと、関さんが来ていた。

『今後とも仕事の流れをスムーズに、かつ円滑にするためには、この部署の皆さんのお力が大きく貢献します。
急なことで、当座、私とこの高藤が兼任いたします。どうかよろしくご指導のほどを。』

と、笑いをとって乾杯。
それからはあちこち入り混じっての宴会。
テーブル席がよかった。立つも座るも畳より楽にできる。
隣のひとつ下の子と差しつ差されつ、それなりに楽しんでいた。
健人は調子付いて女の子の間に挟まれてご機嫌そうである。

そのうちにカラオケが持ち込まれて、いっそう騒ぎが大きくなった。
潮時かな、
そう思った時、後ろから声をかけられた。

『まだ酔っていませんか、バーボン持ってこようか。』

関さんだった。
隣の子が気を利かせて席をずらしてくれる。

『や、今日はこれで。』

焼酎のグラスを持ち上げて見せた。

『それにしても強いんだね。ロックが好きなんだ。』

『そんなに強くはないんです、ハッキリした味が好きなだけで。』

『いやいや、強い。どう、もうひとつ作ろうか。』

『関さんは何を呑んでるんですか。』

『あまり強くないんでね、水割です。しょっぱなから醜態は見せられませんから。』

その後は話しが続かない。なんとなく歌ってるステージの方を見ていた。

『二次会、どうします?』

『今日はこれで帰ります。』

『帰っちゃうんですか?付き合ってくれませんか。』

『えっ、』

『二次会ですよ。小宮さんがいちばんの顔見知りなんでね。』

『あは、そう言うことですか。この課の人はみんな面白いですよ。私がいちばんの面白くないかもしれません。大丈夫です。』

『ああ、関さん、何やってるんですか、歌ってくださいよ。』

出来上がりかけた女子に手を引かれてステージに上がっていった。

それを少し見てから席を立った。あまりの音の凄さに頭痛がしそうだ。外の空気を吸いたかった。ついでに帰ろう、そう決めていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 『君もいたのか。』『居ましたよ。仕事してましたから。』...

    しのぶ

    • 104
    • 1
  2. また週の始まり。朝、席に着くとすぐさま、2、3人に取り囲ま...

    しのぶ

    • 106
    • 0
  1. いつものカフェバーには、健人が、なんと関さんときていた。まだ...

    しのぶ

    • 123
    • 3
  2. それから10日ほどしてから会議室に召集がかかった。それはあの...

    しのぶ

    • 101
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/9 編集部Pick up!!

  1. 義実家に引っ越す気の義弟家族
  2. スーパーのカート押して帰る女性
  3. 弟に彼女が出来て家追い出された

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3