元風俗嬢の体験ブログ

元風俗嬢の仕事・恋愛・事件・病気…etc

  • 記事数 112
  • 読者 175
  • 昨日のアクセス数 34

移籍後騒動。その8元カレ編18

しおりをはさむ

2016/04/14 16:49:52

  • 24
  • 0

入院してから、凡そ二週間が
経過した。
呂律が上手く回らない時もあるが、
概ね普通に会話も出来るようになった。
頭痛も少しずつ軽くなってきたような
気がする。吐き気も大分、落ち着いた。
食事も病人食を口に出来るようになり、
耳の違和感も感じなくなった。
手足も普通に動くので、最近は
尿道のカテーテルを外してもらい、
歩行用キャスターを使って
トイレ等は、自分で行くように
している。
だが、記憶がなかなか戻らない。
もどかしさを感じるものの、
焦らずに、と言う先生の言葉に従い、
自然に任せた。

ユウキくんは、毎日、せっせと
お見舞いに来てくれるし、
社長もマメに顔を出してくれる。
社長は順ちゃんのところにも
頻繁に訪れているようで、
先日、ついに順ちゃんが弁護士との
面会に応じたと報告してくれた。
まぁ、面会には応じたものの、
順ちゃんの態度は頑なで、
故意にやったという供述を
覆す様子は全く見られないらしい。
示談の話をしたら、
余計な事はするなと、弁護士を
怒鳴りつけ、保釈も必要ないと
突っぱねた、とのこと。

やっぱり、順ちゃんは、法の裁きに
身を委ね、自分を罰しようと
してるんだ………
胸が痛くなるし、とても悲しい。
でも、それが順ちゃんの意思なら、
やっぱり、示談に応じては
いけない気がする。
その事について、ユウキくんとも
社長とも、何度も話し合った。
社長は、順ちゃんに償いを
させてあげるべきだし、出来れば
私も弁護士を立てて、慰謝料請求や
損害賠償の民事訴訟をした方が良いと
言ってる。
実際、私は怪我のせいで働けない
状態だし、後遺症も多少だが残る。
お金は、あって困るものではない。
困るどころか、借金を抱えてる
私にとって、深刻な問題だ。
心情的に、そこまでするのは
どうかと思う一方、仕事に復帰出来る
目処も立たない状況で、お金の不安は
拭えない。心が揺れる。


私が人並みに喋れるようになり、
頭痛や吐き気も治まってきたので、
先生に許可を貰ったという
刑事達がやって来た。
私の供述調書を作成したいと言う。
PCと小型プリンターを持参していた。

記憶が完全に戻っていない中、
重要な供述調書の作成に応じて
いいものか悩んだが、
記憶はいつ戻るか分からないし、
被害者である私の供述調書がなければ
捜査が滞り、順ちゃんの勾留も
長引くだろうと考え、
気分が悪くなったり、頭痛が悪化したら
すぐに中断するという約束で、
供述調書作成に応じた。
第三者の立会いは不可なので、
病室にいたユウキくんには
退室してもらう。

順ちゃんと交際していた頃から、
今回の件に至るまでの経緯を
話して欲しいと言われ、
私なりに覚えている限りの事を
順序だてて話した。
途中で刑事の質問に答えたりして、
結構な時間がかかった。

被害者の供述調書は、裁判でも
重要な役割を果たすし、
加害者である順ちゃんの量刑にも
影響を与えるので、
なるべく曖昧な表現は避け、
慎重に言葉を選んで話した。

順ちゃんに対する処罰に関して、
どのような処罰を望むかと問われ、
ここが一番、順ちゃんの処遇に
関わる質問なのだと察した。

『私は、加害者である市村さんとは
長い付き合いであり、その人間性も
理解しているつもりです。
彼が十分に反省し、自分のやった
行為を認識しているのなら、
更生は可能だと思います。ですが、
彼が暴力を振るった事は事実だし、
私は、身体的にも精神的にも
深い傷を負いました。そこを鑑みて
頂き、処罰を決めて頂ければと
思います。示談に応じるつもりも
ありません』

私は心を鬼にして、順ちゃんに
処罰を求める証言をした。
唯一の配慮は、
『厳罰を望む』
と、言わなかった事。
厳罰を望む、と言うのと言わないのでは
裁判官の心証が違う、と社長に聞いた。
被害者感情というのが、
考慮される為だそうだ。

出来上がった調書を渡され、
確認を求められた。
私の証言と相違ないか、じっくり
精査する。すると、順ちゃんの
処罰に関して、私の言っていない
『厳罰を望む』
という文言が使われていた。
ここは重要なので、訂正を求め、
訂正しないのなら、署名捺印は
しないと刑事に告げた。
刑事が、PCに向かって訂正する。
再びプリントアウトした
供述調書を渡され、確認した。
『厳罰を望む』
という文言は削除され、
私が言った通りの文言に訂正
されていた。

もう1度最初から供述調書を読み、
相違点がないのを確認してから、
署名捺印をした。
調書作成を始めてから、
2時間近く経っていた。

『供述調書の作成にご協力頂き、
ありがとうございました。
長時間に渡ってのご協力、
感謝致します。お大事になさって
下さい。それでは失礼致します』
刑事達が部屋から出て行く。

これで、順ちゃんの起訴は
ほぼ確定だろう。
罪悪感が込み上げたが、グッと堪える。

順ちゃん。
これでいいんだよね?
順ちゃんの心の負担が少しでも
軽くなるなら、私は順ちゃんの意思を
尊重したい。

それにしても、順ちゃんの攻撃を
受けたのが、私で良かった。
あの時、もし私が飛び込まなかったら、
順ちゃんの踵はユウキくんの
脳天を直撃したかもしれない。
下手したら、ユウキくんは
死んでたかもしれない。
そしたら私は、順ちゃんを憎んだだろう。
順ちゃんも、人殺しの烙印を
背負ったまま、生きる羽目になってた。
そうならなくて、本当に良かった……

ボンヤリと考えていたら、
看護師さんが入ってきた。
『長丁場だったけど、気分悪くない?』
看護師さんが体調を気遣ってくれる。

『はい。頭は痛みますけど、我慢
出来ない程じゃありません』
看護師さんが頷いて、
『それなら良かった。
あのね、小原さんからの伝言で、
今日は仕事があるから帰る、って。
明日も来るからって仰ってたわ』

そうか。ユウキくん、今日は
同伴なんだ。

『中井さん、愛されてるわよねぇ。
羨ましいわぁ』

看護師さんに笑いながら茶化されて、
ちょっと赤面。
目敏く見つけた看護師さんに、
『あら、赤くなっちゃって(笑)
中井さん、可愛い~』
更にからかわれる。

『じゃ、点滴終わったらナースコール
してね』
そう言って、看護師さんが出て行く。
私はまた、順ちゃんに思いを馳せた。


今回は、ここまでです♪
中途半端で、すいません🙇
また、文字数いっぱいです〜💦

byナギサ

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. あの時、順ちゃんは何故、手ではなく足を振り上げたのだろう?...

  2. お母様の叫び声を聞きつけて、看護師さんが病室に入ってきた。...

  1. 女社長に受けた心の棘。一生忘れられない屈辱です...

  2. 順ちゃんの弁護士が、ユウキくんに続けて質問した。『中井...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/10 編集部Pick up!!

  1. 彼「お前は浮気されるだけの女」
  2. 生後6ヶ月 乾燥肌改善できず心配
  3. アレルギー食品除去で「くる病」

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3