クロエの日常、非日常。

恋なんて。。。と思っていたのに私は一生恋愛体質かもしれません。そんな私の備忘録です。

  • 記事数 123
  • 読者 10
  • 昨日のアクセス数 70

ここから始まるのか、ヒトナツの思い出になるのか

しおりをはさむ

2015/07/30 01:16:50

  • 0
  • 0

着替えを終えてソファーで横になっていたらTさんが歯ブラシを加えて笑っていた。
私は一睡もできずグッタリだった。
さっさと着替えてしまったけど、チェックアウトに余裕がなかったから彼が1時間延長してくれたことを思い出した。
ソファーに座っていても微妙な距離を空けてしまう。
手を繋ぎ話しをするけれど彼の視線はテーブルの向こうを見つめたまま。
眼鏡の縁で彼の視線がわからない。

私はやっぱり自分の純粋に好きな気持ちを大切にしたかったから、不本意な形で寝てしまったことに後悔した。
手を繋いでキスをするまでは本当に良かったんだけど。
肉体関係はやっぱり相手の気持ちがどこにあるのか、確信した上で進めたほうがいいなぁと感じていた。
まあ、今なら最悪ヒトナツの思い出になるか…。
ここからフォローのLINEがくるかどうかで決まるかな。
彼は筆まめではないけど流石にこんなあとなら、送ってきて当然と思うのだけれど。
そう思うと怖くなった。

時間が迫り私たちは扉を開けてエレベーターに乗った。
誰もいなかったから私からキスをした。
外に出ると眩しい日差しが肌を刺すようだった。
なんだか昼間の道を歩くのは恥ずかしい。
そう思いながら飯田橋駅に向かった。
地下鉄の改札で手を振って別れた。
〝またデートしてね〟
彼はにっこり笑っていた。

地下鉄を待ちながらこれで良かったのかと女友達にLINEした。
私は久々に不安と向き合わなくてはならなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. いつも通りに おはようのLINE起きた方から LINE...

  2. 結局、ラブホテルに来てしまった。真奈美は自分の流されやすさ...

  1. 妄想1。

    2016/01/19

    とある日の夜。いつもの所で彼と待ち合わせ。向かうのは…...

  2. 私がLINEする事が、彼は嬉しいのだなぁ、待っててくれてる...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/19 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 未婚なら複数交際するのはありか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3